Windows 10ファイル履歴が機能しない

便利なフリーソフトを使って、Windowsファイル履歴が機能しないという問題を簡単に解決します。

Windows 10のファイル履歴ツール

ファイル履歴」はWindowsに組み込まれたファイルバックアップ用ユーティリティです。マイクロソフト社はこのツールを改善して、使いやすさを向上させました。手動で設定することなく、直接に使用できます。このツールを有効にすると、古いバージョンの保存されたファイルを含め、ライブラリ、デスクトップ、連絡先とお気に入りのデータがデフォルトで一時間に一回バックアップされます。その一方で、回復機能も備えています。特定なファイルを選択して回復することができます。「ファイル履歴」はシステムバックアップにも対応しています。

Windows 10のファイル履歴ユーティリティは確かにバックアップに関する問題の解決に役立ちますが、バックアップが遅くて時間がかかり、大きな領域を占めるため、サードパーティのバックアップソフトと比べられません。しかも、時々機能しない問題があります。

どうしてWindows 10ファイル履歴が機能しない

ファイルを他のドライブにバックアップしようとしている時に、「ファイル履歴」がこのドライブを認識しないことがあります。再接続または別のドライブに変更してみても失敗します。最も可能な理由は関連のシステムサービスが自動的に起動できないことです。従って、サービスを手動で実行してからやり直し、または「ファイル履歴」の代替ソフトを使用します。

AOMEI Backupper Professionalを使って簡単にファイルをバックアップします

AOMEI Backupper Professionalはプロのバックアップソフトウェアです。ファイル、フォルダ、ディスク、パーティションやシステムのバックアップとクローニング機能を完璧に備えています。バックアップの保存場所はローカルディスク、外付けHDD、CD/DVD、USBフラッシュメモリ、NAS、クラウドストレージなどのいずれを指定できます。このソフトはWindowsの「ファイル履歴」と比べると、遥かに強力です。

ここをクリックして、無料の試用版をダウンロードします。

1. AOMEI Backupper Professionalを実行して、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

2. バックアップしたいファイルかフォルダを選択してから、バックアップイメージの保存先を指定します。「開始」をクリックして、バックアップを実行します。

バックアップを設定

ヒント:スケジュール」オプションはバックアップ作業を定期的に実行させます。

これで、簡単な手順で、AOMEI Backupperを使用してファイルバックアップタスクを完成しました。Windowsファイル履歴ツールの面倒さと問題は一切なくて、また、必要に応じてファイルを外付けHDDに同期させることもできます。AOMEI Backupperがあるこそ、作業が楽になります。