Windows展開サービス(WDS)代替品 - より効率的!

Windows展開サービス(WDS)はあなたに適したツールですか?

Windows Server 2008(R2)/2012(R2)/2016にあるWindows展開サービス(WDS)は、Windows Vista以降のすべてのWindowsオペレーティングシステムをネットワーク経由で複数のコンピュータに同時に展開することができます。Windows展開サービスのイメージキャプチャウィザードを使用すると、インストールされたアプリケーションがあるカスタムシステムのイメージを取得し、そして多数のコンピュータに展開できます。

また、仮想マシンでも動作します。仮想マシンをクライアントマシンとして展開する用意ができたシステムイメージをテストすることができます。WDS Windows展開サービスでOSを展開するのは複雑な作業ではありませんが、実際の展開が開始される前に、IT担当者でさえ、テストと構成に少し時間がかかります。より効率的なものが必要な場合は、WDSの代替品にしなければなりません。

最高のWindows展開サービスの代替品

WDSはイメージの展開に非常に便利なものですが、すべての企業のニーズを満たすわけではありません。Windows展開サービス(WDS)の代替品として、AOMEI Image Deploy(AID)はWindows 10/8/7とWindows Server 2003/2008 (R2)/2011/2012 (R2)/2016向けに開発された使いやすく完全なイメージ展開ソフトウェアです。だから、サーバー以外のPCにAIDをインストールして、システムイメージを複数のコンピュータに展開することもできます。さらに、他のWindows展開サーバーの代替品とは異なり、異なるハードウェアを持つコンピュータにカスタムイメージを展開できるユニバーサル復元機能も提供します。

Windowsシステム展開の実行方法

カスタムイメージでは、Windows展開サービスの代替品AIDと同じ会社から開発した製品 AOMEI Backupper標準版で、ディスクバックアップまたはシステムバックアップを作成することができます。次に、以下の手順に従ってOSを展開することができます:

1.すべてのクライアントコンピュータを起動し、BIOSに入り、ネットワークブート(PXEブート)を最初のブートデバイスとして設定します。

2.サーバーまたはPCにAOMEI Image Deployをダウンロード(今英語版だけある)、インストールおよび起動します。

3.ブート可能なWinPE ISOファイルを手動または自動で作成します。ご使用のLANにDHCPサーバーがない場合は、「Enable DHCP」オプションを選択してください。

ブート可能なWinPE ISOファイルを作成

4.「The service has started, waiting for connect...」というメッセージが表示されたら、すべてのクライアントコンピュータを起動します。クライアントコンピュータのスタート画面は、以下のスクリーンショットのようになります。

Winpeの読み込み

5.すべてのクライアントコンピュータが接続されたら、「I confirm all the client computer which need to be deployed are online」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。

サーバー接続状態

6.展開するイメージを参照して選択します。必要に応じてその他の設定を行い、「Start Deploy」をクリックして開始します。

展開するイメージを参照して選択

7.次の画面では、イメージ展開が進行中であることがわかります。次に、展開の完了後にクライアントコンピュータをシャットダウンするか再起動するかを決定できます。

イメージ展開が進行中

WDSと比較して、AOMEI Image Deploy(AID)はより使いやすく効率的です。もしあなたがちょうどWDSの代替品を探しているのなら、AIDがその選択肢です。