WindowsでWbadminコマンドを使うバックアップと復元

Wbadminの一般的な紹介

数年前、NTbackupはいくつかのWindows ServerバージョンでWindows OS向けの内蔵バックアップツールとして使用されます。いくつかのバージョンの間に、ユーザーはNTBackup.exeを使用して、バックアッププロセスを管理します。しかしWindows 2008で、WbadminコマンドラインはNTBackup.exeを置き換えます。Microsoftにより、Wbadminコマンドラインはバックアップ操作の実行にサポートされます。WbadminはWindows Server 2008で初めて登場しますが、Windows Server 2008 R2/2012、Windows VistaとWindows 7/8でも使用できます。

Wbadminはバックアップコマンドであり、ファイル、フォルダ、パーティション、システム状態とアプリケーションプロシージャのバックアップをサポートします。Wbadminはディスクに基づくシステムバックアップです。Wbadminコマンドラインを使用すると、「ベアメタル」バックアップを作成して、ハードウェアにOSを復元できます。また、「個別のファイル、フォルダとシステム状態の復元」を作成できます。Wbadminコマンドによって、スケジュールバックアップとフルバックアップをサポートします。Wbadminコマンドは以上の機能を全部持っていますが、バックアップと復元はどのように実現しますか。Server systemでどんなコマンドをサポートしますか。

Windowsでどんなコマンドをサポートできますか

次のようにいくつかのWbadminコマンドがあります:

  • Wbadmin enable backup: スケジュールバックアップを設定し、有効にします。
  • Start backup: 一回限りのバックアップを実行します。
  • Stop job: 現在実行中のバックアップまたは回復操作を停止します。
  • Get versions: ローカルコンピューターから回復可能なバックアップのいくつかの詳細情報を一覧にします。別の場所を指定したい場合、別のコンピューターから復元してください。
  • Get items: バックアップに含まれる項目の一覧を表示します。
  • Start recovery: ファイル、フォルダ、ボリュームとアプリケーションを復元します。このコマンドはWindows Server 2008と2008 R2だけに適用します。
  • Start systemstate backup: システム状態バックアップを実行します。

実際に、これらのコマンドはデータのバックアップと復元によく使用されます。でも、どのようにさまざまなバージョンで具体的なコマンドを知っていますか。「スタート」をクリックして、「cmd」を入力し、「Enter」を押します。ここでは、コマンドウィンドウがあります。「wbadmin /?」を入力して、Windowsに何のコマンドをサポートするか見られます。どんなシステムでも、管理者や管理者グループのメンバーだけはWbadminコマンドラインを実行できます。

コマンドサポート

一言で、Wbadminコマンドラインはいくつかのコマンドを書いて、ファイル、フォルダ、システム状態とアプリケーションのバックアップと復元を実行できます。ユーザーにとって、この方法は少し複雑です。それに、スケジュールバックアップはデータの上書きを引き起こします。バックアップと回復を順調に実行できるために、プロソフトウェア-AOMEI Backupper Serverを使用して、操作を完了するのはいいアイデアです。それはユーザーを楽になるように、データのバックアップ、復元、クローンを作成できるし、データ安全性を確保できます。AOMEI Backupperはファイル/フォルダ/システム/ディスクとパーティションバックアップ、スケジュールバックアップ増分と差分バックアップをサポートします。データをバックアップする時、イメージのコメント、暗号化、イメージの分割、成功のバックアップを通知する電子メールを追加できます。簡単なバックアップ方法を選択したいなら、AOMEI Backupper Serverをお勧めします。

主なインタフェース