2088958MBを超えるボリュームは、保護できませんというエラーを修復します

症状

Windows Server 2008や2008 R2でWindows Serverバックアップを使用して、2088958メガバイト(2TB)以上のボリュームを含むバックアップを作成してみる時、「2088958MBを超えるボリュームは、保護できません」というエラーメッセージを受け取るかもしれません。

原因

バックアップに含まれた各ボリュームのために、Windows Serverバックアップはvirtual hard disk (VHD)ファイルを作成します。VHDファイルをマウントしやすくて、復元しやすいですがそのサイズが2TBの制限があります。そのため、2088958MB(2TB)を超えるボリュームは、保護できません。

ソリューション

Microsoftはもうこの問題に気づいて、そして最大64TBをサポートできるVHDXファイルがWindows Server 2012で紹介されます。この問題を修復するために、Server 2012あるいはより新しいバージョンへお使いのWindows Serverをアップグレードできます。アップグレードしたくないなら、Windows Server 2008 R2向けの解決策もあります。それは、フルボリュームバックアップの代わりに部分のボリュームバックアップを作成する方法です。

Windows Serverバックアップを開きます。「バックアップ一回限り」または「バックアップスケジュール」をクリックして、バックアップジョブを設定します。

バックアップ一回限り

2. ウィザードに従って、バックアップを設定します。「バックアップの構成の選択」スクリーンで、「サーバー全体」の代わりに「カスタム」を選択します。

カスタム

3. 2TBより大きいボリュームに全ての項目を追加します。

項目の選択

4. そして、バックアップを保存する場所を指定します。

バックアップ先の選択

5. 「確認」スクリーンで「バックアップ」をクリックして、バックアッププロセスを開始します。

バックアップ

Wbadminを使用して、コマンドラインからファイルとフォルダバックアップを作成することもできます。しかし、Windows Server 2008でWindows Serverバックアップを使用して、バックアップにフルボリュームを含むことだけができます。その場合、Windows Serverバックアップの制限を解除するために、サードパーティ製のソフトウェアを使用することができます。

Windows Serverバックアップの代替品

AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008R2/2012/2012R2向けのバックアップと復元プログラムであり、多くの高度なバックアップ機能があります。システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップを提供します。ニーズに応じて、実行したいバックアップを選択できます。

バックアップタブ

主な機能は次のとおりです:

  • スケジュールバックアップとフル/増分/差分バックアップを提供します。全てのデータを自動的にバックアップする同時に、少ないディスクスペースがかかります。

  • 多くの記憶措置とファイルシステムをサポートできます。どのパーティショがンを保護できないとか、ターゲット場所を使用できないことを心配する必要はありません。

  • 異なるハードウェア復元を提供します。必要な場合、サーバーシステムを異なるハードウェアを持つ他のサーバーへ移動できます。

  • システム/ディスク/パーティションクローンもあります。SSDまたは別の記憶措置へOSや全体HDDを転送できます。

  • ディスクスペースの管理の機能があります。以前の古いイメージファイルを自動的に削除し、保護されたデータを完全に維持します。

  • 圧縮、暗号化、イメージ分割、電子メール通知などの他のバックアップオプションがたくさんあります。

その他、このソフトウェアは直感的で、ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。誰でもバックアップと復元ジョブにそれを簡単に使用できます。更に、それは、バックアップの時ボリュームのサイズ制限がありません。「2088958MBを超えるボリュームは、保護できません」という問題に決して遭えません。今、AOMEI Backupper Serverの30日間体験版をダウンロードします。