ノートPCとデスクトップPC間でファイルを定期的に転送する方法

なぜパソコン間のファイル転送が必要ですか?

現在、人々は2つ以上のパソコンを使用しているのは珍しくありません。オフィスでデスクトップPCを使用して働き、家でノートPCを使用して個人的な事をするかもしれません。休日や在職で残業を必要とする時、ノートPCとデスクトップPC間でファイルを転送しなければなりません。また、新しいノートPCを買って古いデスクトップPCを置き換えるつもりで、こういう時ファイル転送は必要です。パソコン間のファイル転送を行う必要がある他の状況は沢山あるかもしれません。そのため、パソコン間でファイルを転送する方法を見つけるのは重要です。

Windowsでファイルを転送する方法

直面している状況は2つがあるかもしれません。一度ファイルを転送すること、およびファイルを一般的に転送することです。

一度だけファイルを転送します

一度ファイルをデスクトップPCからノートPCに転送しようとする場合、十分な容量のあるメモリースティック、USBフラッシュドライブまたは他のリムーバブルHDDをミディアムとして使用します。この方法は複雑な操作なしで時間を節約します。ファイルをデスクトップからノートに転送することを例とします。まずデスクトップにリムーバブルデバイスを接続して転送したいファイルをリムーバブルデバイスにドラッグします。そしてこのデバイスを切断します。次は、満たされたデバイスをノートに接続してこれらのファイルをノートにドラッグします。あるいは、最初古いパソコンのファイルをバックアップしてリムーバブルストレージデバイスに保存、そしてそれを新しいパソコンに復元できます。

ファイルを一般的に転送します

ファイルを定期的に転送するために、ネットワークの助けを必要とするかもしれません。ルーターまたはハブを使用してLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)を作成できます。カテゴリー5ケーブルを使用して両方のパソコンをハブに接続します。そして、右クリックして「共有」を選択して、デスクトップ上のすべてのドライブを共有します(ウィザードに従ってすべてのセキュリティ対策を設定し、「OK」をクリックします)。そしてノートPCのマイネットワークに移動して「ワークグループのコンピュータを表示する」を選択します。その後、デスクトップからのすべてのドライブは表示されます。残されたのはファイルをクリックしてノートPC上のドライブにドラッグすることです。

PC間でファイルを転送する他の方法はWindows転送ツール(WET)アプリケーションを使用することです。ノート:このツールはWindows 10をサポートしません。それを既にPCmover(購入する必要がある)に置き換えました。

ヒント:ノートPCとデスクトップPC間のファイル転送のようにiPhone間の転送も普通の需要です。この場合、AnyTransを推薦します。それは連絡先、写真、音楽、メッセージ、メモなどを1つのiPhoneから他のiPhoneに転送することを許可します。

Windows転送ツールでファイルを転送します

ここではWindows 7を例とします。2つのパソコンを接続できるUSBケーブルを準備する必要もあります。

ステップ1.USBケーブルで2つのパソコンを接続します。ソースパソコンで実行ボックスに「Windows転送ツール」を入力してWindows転送ツールを開きます。検索結果のリストからWindows転送ツールを選択します。そして、「Windows転送ツールへようこそ」画面が表示されます。「次へ」をクリックして「ネットワーク」→「これは今までのコンピューターです」を選択します。「Windows転送ツールキー」を注意します。このパソコンをそのまま放置します。

これは今までのコンピューターです

ステップ2.転送先のコンピューターで作業を行ないます。前のステップを繰り返します。そして「これは新しいコンピューターです」を選択します。「今までのコンピューターでWindows 7を実行しています」を選択します。今「Windows転送ツールキー」を入力して「次へ」をクリックします。

今までのコンピューターでWindows 7を実行しています

ステップ3.ネットワークが接続されることは表示されます。それは数分が掛かって転送できる内容を確認します。その後何を転送したいかを選択できます。

この方法はちょっと複雑ですが、有効な方法です。しかし、このWindows転送ツールは新しいOS、Windows 10をサポートしません。この点にちょっと困ります。またそれはファイルを64 bit OSから32 bit OSに転送できません。幸いなことに、フリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用してこの目的を実現できます。このフリーソフトはWindows 10/8/7とWindows XP/Vistaをサポートします。同期の機能はファイルを同期してノートPCからデスクトップPCにファイルを転送できます。AOMEI Backupperをダウンロードして試してください。

同期でファイルを定期的に転送します

開始する前に、前述の方法でLANを作成する必要があります。またネットワーク共有フォルダを作成します。

ステップ1.AOMEI Backupper Standardを起動します。「バックアップ」をクリックして「同期」を選択します。

同期

ステップ2.「フォルダを追加」をクリックして転送したいフォルダを追加します。

フォルダを追加

フォルダを参照

ステップ3.宛先場所のパスを選択します。ここではネットワーク「Share/NAS」→「Share/NASデバイスを追加」を選択できます。そしてIPアドレスを入力して「はい」をクリックします。

パスを選択

Share/NAS

ステップ4.「スケジュール」ボックスをチェックし、デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、リアルタイム同期のスケジュール同期を設定できます。そして「開始」をクリックします。

開始

最後、新しいパソコンからネットワーク共有フォルダのファイルにアクセスします。

ノート:

*ファイル/フォルダはCD-ROM/DVD/Blue-Rayに同期されることができません。

*パーティションの制限なので、4GBを超える単一ファイルはFAT/FAT32に同期されることができません。

*現在、ファイル同期は双方向同期をサポートしません。

要するに、このフリーソフトは手動で操作することが少なくてノートPCとデスクトップPC間でファイルを定期的に転送できます。同期を使用した後、AOMEI Backupperの他の強力な機能を試すことができます。例えば、システムバックアップ、ディスクバックアップ、システムクローン、異なるハードウェアの復元です。