システムがファイルにアクセスできない場合の解決策

この記事は、システムがファイルにアクセスできない理由とこの問題の解決方法を説明します。

ファイルがシステムによってアクセスできない、またはフォルダアクセスが拒否されたなど、パソコンの使用中に様々な問題が起こります。どういうことですか。これらの問題をどうやって解決しますか。一緒に答えを見てみましょう。

どうしてシステムがファイルにアクセスできません

一般に、拒否されたフォルダへのアクセスは、ウイルスまたは管理者権限の問題によって発生します。

1. ウイルスによってファイルにアクセスできません

お使いのパソコンが不意にウイルスに感染してしまったら、パソコンの権限管理機能が損なわれ、フォルダアクセスが拒否される事がよくあります。従って、こういう場合は、まずウイルスが起因するものかどうかを確認します。通常、このような問題を解決するには、主流のアンチウイルスソフトを使ってすみます。

2. 管理者権限が不十分なためにファイルにアクセスできません

多くのユーザーは管理者アカウントではなく、ゲストアカウントを使用してログオンします。当然、システムによって重要なファイルにアクセスできません。こういう場合は管理者アカウントに切り替え、または管理者にフォルダにアクセスする権限を求めます。

システムがファイルにアクセスできない問題の解決策:権限の追加

フォルダのプロパティを変更してフォルダにアクセスする権限を追加してこの問題を解決できます。まず、管理者としてログオンし、ウイルスがないことを確認します。次に、以下のガイドに沿って行います。

1. ターゲットフォルダを右クリックして、プロパティセキュリティ編集をクリックします。

2. 現在ログオンしているアカウントをクリックして、「フル コントロール」にチエックを入れます。

フォルダの権限を編集します

3. 「OK」をクリックして変更を実行します。これで、ターゲットフォルダにアクセスできます。

ファイルにアクセスできないことのためにデータ損失を防ぎます

ウイルスに感染し、データが読み取れない、フォルダにアクセスできないなどの問題に備えて、データの安全を保障して、データの損失を避けるためにシステムファイルと重要なデータを定期的にバックアップする習慣をつける必要があります。ファイルをバックアップする方法に惑っていますか。2つの方法を紹介します。

●1. Windows内蔵のツールでファイルをバックアップします

1. Windows+Rキーを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。「control」を入力して「OK」を押します。

2. 「コントロールパネル」に「バックアップと復元」をクリックして「設定を変更します」をクリックします。

3. バックアップを保存する場所とバックアップ対象を指定し、バックアップのスケジュールを設定して、設定を保存してバックアップを実行をクリックします。

4. これで、バックアップが実行し始めます。今後もスケジュールに従って自動的にバックアップします。

●2. 無料のサードパーティ製バックアップツール

Windowsのバックアップツールはなかなか悪くないですが、ちょっと複雑で使いやすくないと思わないですか。こういう作業は専門のツールに任せるのは賢明な選択です。Windows内蔵機能とは比べものにならないぐらい利便性と専門性を持っているAOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。この強力なフリーウェアはファイル、フォルダ、パーティションやディスクを最も簡単な方法でバックアップします。定期的なスケジュールバックアップはもちろん、増分または差分バックアップもサポートしています。パソコンに問題が発生すると、システムとデータを通常の状態に簡単に復元できます。詳しい使い方は下記のとおりです。

1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールします。左側のサイドバーにある「バックアップ」を選択して「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

2. ファイルを追加」をクリックして、バックアップしたいファイルを指定します。次に、バックアップイメージを保存する場所を指定します。最後に、「開始」をクリックして作業を始めます。

ファイルを追加します

*バックアップを開始する前に、2つのオプションを使用してバックアップの詳細を設定できます。

オプション:バックアップにもっと設定します。例えば、バックアップを区別するためにコメントを追加、イメージファイルのサイズを調整するために圧縮レベルを指定します。

スケジュール:この機能はフルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの形で毎日、毎週、毎月自動バックアップを設定できます。

3. バックアップの進行状況が完了したら、「完了」をクリックして終了します。

まとめ

システムがファイルにアクセスできない問題の解決はユーザーにとって非常に面倒です。もし修復できなくてファイルが永遠に読み取れないと、莫大な損失が出るかもしれません。そういう事態を防ぐためにデータを定期的にバックアップすることは最も便利な根回しです。AOMEI Backupper Standardは最高のバックアップソフトウェアとして、バックアップ以外にも、クローン、同期、ブータブルメディアを作成などをサポートしています。システムクローンを作成する場合は、より高度なAOMEI Backupper Professionalにアップグレードしましょう。