ドライブは有効なバックアップの場所ではありません

「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」はいつ発生しますか

USBフラッシュドライブはバックアップイメージ向けの素晴らしいバックアップストレージだけでなく、ファイル転送にも優れた転送ツールであります。多くのPCユーザーはUSBドライブへ重要なファイルをバックアップしたいと考えています。ファイルの安全性に関心を払うユーザーはUSBの自動バックアップフリーソフトを介して、USBメモリーのバックアップまでも行います。もしUSBドライブの大きさはWindowsのOSを格納するのに十分であるなら、それにシステムイメージを作成するのは賢い選択肢です。

しかし、「バックアップをどこに保存しますか」の手順でUSBフラッシュドライブをバックアップ先として選択する時、「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」というオレンジ色の警告を見られます。それはWindows OSでシステムイメージをUSBドライブへ作成できないことを意味します。Windows 8/8.1の「Windows 7のファイルの回復」またはWindows 7/10の「Windows 7バックアップと復元」を使用する時、それが発生します。

ドライブは有効なバックアップの場所ではありません

USBを使用した無効なバックアップの場所の原因

WindowsユーザーがシステムドライブイメージをUSBフラッシュドライブへバックアップできないのはデフォルト制限です。でも、ファイルと他のデータをそれへバックアップするのはサポートされます。

以前のHDDがUSBフラッシュドライブのように小さなサイズで作成されたのはもう一つの原因であるかもしれません。これらのUSBドライブのサイズは1 GBから32 GBまでです。そのため、システムバックアップイメージをフラッシュドライブに配置し、特にスケジュールされたシステムバックアップを設定するのは難しくて、安全ではありません。

しかし、最近生産されたHDDは大きくなっていきます。USBスティックも128 GB容量に増えています。そのため、潜在的なリスクはもはや問題になりません。今、Windows 8.1/8/10およびWindows 7でUSBへシステムイメージを作成する方法を考えています。

Windows 7/8/10で「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」を解決します

Windowsの内蔵ツールはニーズを満たせない時、サードパーティ製のソフトウェアを使用するべきです。AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 7/8/10/8.1、VistaとWindows XPなどのWindowsのOSのためにデザインされた信頼性があり、全面的なバックアップと回復ソフトウェアです。それはシステムをHDD、SSD、SSHD、外付けHDD(USB 1.0/2.0/3.0)PCカード、フラッシュドライブ、サムドライブなどへバックアップすることをサポートします。「オプション」でフルバックアップ、増分バックアップと差分バックアップを使用できます。そのシステムバックアップ機能は操作の時1つのクリックだけが必要です。それは自動的にシステムドライブ(Cドライブ)とシステムで予約済みのパーティションを選択します。毎回、何かを忘れる心配の必要がありません。この無料試用版をダウンロードして、試しましょう。

ヒント:Windows 7以降のバージョンでUSBドライブはNTFSファイルシステムにフォーマットされる必要があります。それはFAT/FAT32ファイルシステムである場合、NTFSへ変換します。

1. AOMEI Backupperをインストールして起動します。「バックアップ」→「システムバックアップ」へ移動します。

システムバックアップ

2. USBドライブを保存先として選択します。システムドライブとその関連したパーティションはデフォルトで選択されます。

USB選択
USB開く

3. 操作概要を確認します。「スケジュール」をクリックして、デイリー、ウイークリー、マンスリーなどのスケジュールされたシステムバックアップを実行するオプションがあります。「開始」をクリックします。

開始

ヒント:

オプション:これはバックアップイメージを保護するために暗号化、圧縮、バックアップイメージの分割などのオプションを提供します。

スケジュール:ここはフルバックアップ、増分バックアップおよび差分バックアップからバックアップのモードを変更できるもう一つの場所です。

スキーム:バックアップイメージの量は設定された値を超えると、これは自動的に古いバックアップを削除します。

AOMEI Backupperを使用して、USBドライブにシステムイメージを作成するのは簡単でしょう。全ての操作は3つの手順で完了できます。そのため、次回友達や家族はWindows 7/8/10でUSBフラッシュドライブを使用する時「ドライブは有効なバックアップの場所ではありません」という同じ問題に遭う場合、このチュートリアルを彼らに紹介してください。

バックアップが正常に完了した後、ある日災害が発生する時USBドライブからシステムイメージを復元できます。AOMEI BackupperはmSATA SSDへHDDをクローン不良セクターのあるHDDをクローンSSDへブートドライブをクローン、Kingston SSDへHDDをクローンすることをサポートできる専門クローンソフトウェアです。このツールでブータブルメディアを作成するのは沢山の手間を省けます。