パソコンをリカバリー|初期化|工場出荷状態に戻したい?

パソコンの初期化は、リカバリーともいいます。パソコンを購入時、工場出荷状態、一番最初に使用していた状態に戻すことです。この記事では、Windows 7/8/10でシステム回復オプションのコマンドプロンプトからパソコンをリカバリー|初期化|工場出荷状態に戻す方法を紹介しております。

システム回復オプションのコマンドプロンプトについて

Windowsのシステム回復オプションのコマンドプロンプトは、テキストベースのコンソールです。コマンドを使用してコンピュータのトラブルシューティングを行うことができます。さまざまなコマンドの助けを借りて、ファイルの整合性をチェックしたり、BCDを再構築したり、システムファイルや設定を復元したり、フォーマットされたSDカードからファイルを回復したりすることができます。

Windows 7以降のバージョンのコマンドプロンプトを使用すると、メモ帳、Regedit、およびおそらくいくつかのマルウェア対策プログラムなどのグラフィカルプログラムを実行できます。

Windows 7/8/10でシステム回復オプションのコマンドプロンプトを表示する方法

システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスするには、Windowsプレインストールのリカバリツールとインストールディスクを使用できます。

Windows 7でシステム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスする

詳細ブートオプションの使用

Windows 7では、プリインストールされた回復ツールは詳細ブートオプションです。下記を参照して、システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスする方法を学んでください。

ステップ 1. コンピュータを再起動し、Windows 7のロゴが表示されるまで「F8キー」を押します。

ステップ 2. 「詳細ブートオプション」ページで「コンピュータの修復」を選択します。

詳細ブートオプション

ステップ 3. キーボードレイアウトを選択し、「次へ」をクリックしてシステム回復オプションウィンドウを表示します。

インストールディスクの使用

既にインストールディスクがある場合は、Windows 7のシステム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスするための詳細な手順を直接確認することができます。そうでない場合は、Microsoft StoreからISOファイルをダウンロードし、USBドライブに書き込むことができます。

ステップ 1. インストールディスクをコンピュータに接続します。

ステップ 2. コンピュータを再起動し、任意のキーを押して、プロンプトが表示されたらインストールディスクから起動します。

ステップ 3. 「Windowsのインストール」ページで言語とその他の設定を選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. 「コンピュータの修復する」をクリックします。

コンピュータの修復する

ステップ 5. 修復するオペレーティングシステムを選択し、「次へ」をクリックします。

ヒント:「スタートアップ修復」が起動時のシステムファイルに関する問題が検出されると、自動的にスタートアップ修復を行います。問題が検出されない場合は、システムの復元を実行するよう求められます。「キャンセル」をクリックして、システムの復旧とサポートの詳細オプションを表示できます。このオプションを使用すると、システム回復オプションが表示されます。

Windows 8/10でシステム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスする

Windows 8/10ユーザーの場合、「オプションの選択」機能と「インストールディスク」を使用してシステム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスことができます。

オプションの選択の使用

ステップ 1. 「スタート」の上で右クリックして「電源」をクリックします。シフトキーを押しっぱなしにしたままで「再起動」をクリックします。

ステップ 2. 「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」を指定します。

オプションの選択

ステップ 3. 「詳細オプション」を選択します。その後、システムの復元、コマンドプロンプト、システムイメージの復元など、多くの回復オプションが表示されます。

インストールディスクの使用

この方法では、インストールディスクを使用します。したがって、まだインストールディスクがない場合は、最初にメディア作成ツールを使用してインストールディスクを作成する必要があります。以下の詳細な手順を実行します。

ステップ 1. USBフラッシュドライブをコンピュータに接続し、Windowsで検出できることを確認します。

ステップ 2. BIOSを使用してブート優先度をUSBフラッシュドライブに設定します。

ステップ 3. コンピュータを再起動し、プロンプトが表示されたらいずれかのキーを押します。

ステップ 4. 言語とその他の設定を選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 5. Windowsセットアップインターフェイスで「コンピューターを修復する」をクリックします。

コンピューターを修復するWindows10

ステップ 6. 「トラブルシューティング」と「詳細オプション」をクリックします。次のウィンドウでは、Windows 10のパソコンを修復に役立つコマンドプロンプトオプションやその他の回復ツールを表示できます。

Windows 7/8/10でCMDを使用してパソコンをリカバリー|初期化|工場出 荷時の状態に戻す方法

どんなオペレーティングシステムを使用していても、システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスできます。その後、Windows 7/8/10でコマンドプロンプトを使用してパソコンをリカバリー|初期化|工場出荷時の状態に戻すことができます。

ステップ 1. システム回復オプションで「コマンドプロンプト」をクリックします。

ステップ 2. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行します。

rstrui.exe

ステップ 3. 「システムファイルと設定の復元」ウィンドウで「次へ」をクリックします。

システムファイルと設定の復元

ステップ 4. 次のリストで使用可能な復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 5. 選択した復元ポイントを確認し、「完了」をクリックして保留中の操作を開始します。

システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスできない - 修正する方法は?

場合によっては、システム回復オプションのためにコマンドプロンプトが表示されないため、コマンドプロンプトからシステムの復元を実行できないことがあります。

このような状況を回避するには、AOMEI Backupperのような無料のバックアップと復元ソフトウェアを使用し、事前にコンピュータのシステムイメージバックアップを作成することができます。あらゆる種類のシステム問題を解決し、コンピュータを良好な状態に復元することができます。

さらに、AOMEI Backupperはより高度な機能を提供し、より高度なユーザーエクスペリエンスを提供します。標準または高圧縮レベルを使用してバックアップを圧縮できます。セキュリティのために、暗号化することができます。変更された部分のみをバックアップするには、増分バックアップまたは差分バックアップを使用できます。また、毎日、毎週、毎月など、一定の時間にスケジュールバックアップを作成できます。

修正済み:システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスできない

ステップ 1. AOMEI Backupperの無料版をダウンロードして開きます。

ステップ 2. 「バックアップ」と「システムバックアップ」をクリックします。

バックアップ

ステップ 3. バックアップのパスを選択します。AOMEI Backupperは、コンピュータの起動に関連するシステムパーティションとリカバリパーティションを自動的に選択します。

パス

ステップ 4. 必要に応じて「スケジュール」などの設定を行うことができます。

設定

ステップ 5. 「開始」をクリックし、完了するまで待ちます。

まとめ

システム回復オプションのコマンドプロンプトは、何か問題が発生したときにパソコンをリカバリー|初期化|工場出荷状態に戻すための一般的な復元ソリューションの1つです。プリインストールされたリカバリツールとインストールディスクの両方を使用して、システム回復オプションのコマンドプロンプトにアクセスし、問題のトラブルシューティングを行うことができます。

しかし、場合によっては、システム回復オプションにコマンドプロンプトが表示されないことがあります。このような状況を回避するには、システムイメージのバックアップを作成し、それを外付けハードディスクまたは他のストレージデバイスに保存する必要があります。1つまたは複数のバックアップを使用すると、いつでも外付けハードディスクからシステムイメージを復元できます。