SynologyのNASから外付けHDDへバックアップ!

Synology NASとは

Synology NASはUSBメモリフラッシュドライブであるし、いろんなデータ、メディアやバックアップタスクを処理する常時接続のネットワークコンピュータです。Synologyを購入するときは、通常、ドライブベイは空です。つまり、NASを構成する最初のタスクは、どのような種類のハードドライブ(速度、容量、信頼性や製造元など、)を使用するかを決定することです。

Synology NASから外付HDDへバックアップする理由

ここでは、Synology NASから外付けHDDへバックアップする必要がある理由が表示されます。詳細は次のとおりです。

●緊急事故が起きます。2つの質問について考えてみましょう。

まず、Synology NASを含めた目録が盗まれたら、そのファイルのバックアップを持っていない場合はどうなりますか?

次に、NASが故障してデータを回復できなくなった事故が発生した場合はどうしますか?上記の問題が発生した場合は、Synology NASをバックアップする必要があります。

●バックアップ原則では、ローカルストレージ用にデータを2つの異なるメディアにバックアップする必要があります。ソースファイルはNASに保存されるためです。NASはネットワーク経由でデータにアクセスできる場所です。

原則を守るには、異なるメディアを選択してバックアップを保存しなければなりません。外付けHDDが最適です。ユーザーは外付けHDDを持ち歩くと、どこにでもバックアップを使用できるようになります。

また、大量データを格納できる容量があります。ちなみに、外付けHDDでは誰も買えます。

Synology NASから外付けHDDへバックアップする方法

バックアップタスクに適したバックアップソフトウェアを見つけることは賢明な決定です。Synology NASから外付けHDDへバックアップする用のバックアップソフトウェアを選択する際は、3つの方面を考慮に入れる必要があります。

1.バックアップソフトウェアは必要なバックアップサービスをサポートします。
2.新規ユーザーにとっては使いやすいです。
3.料金は高くないです。

AOMEI Backupperは上記の要件を満たすバックアップソフトウェアであり、ユーザーからの多くの問題を解決するバックアップサービスを持っています。

また、簡潔明瞭なインターフェースのため、操作しやすくなります。

最も重要なことは、AOMEI Backupperは無料版をサポートします。AOMEI Backupperでは、Synology NASのバックアップを外付けHDDに作成することができます。

時間を節約するし、費用を支払う必要もありません。だから、AOMEI Backupper経由でSynology NASから外付けHDDへバックアップすることをお勧めします。

次に、Synology NASから外付けHDDへバックアップする方法を説明させていただきます。

ステップ1.AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールします。使用可能なUSBポートを使用して外付けHDDをパソコンに挿入します。メインインターフェイスを開き、「バックアップ」オプションの「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

ステップ2.フォルダを追加」をクリックします。Synology NASから外部HDDへのバックアップては、ポップアップウィンドウで「Share/NAS」を選択してください。

フォルダを追加
Share/NAS

ステップ3.Share/NASデバイスを追加」をクリックし、Synology NASのIPアドレス、ユーザ名、およびパスワードを入力します。

Share/NASデバイスを追加

ステップ4.外付けHDD「F:\」を宛先パスとして選択します。

外付けHDDを宛先パスとして選択

ステップ5.開始」をクリックしてバックアップを始めます。バックアップが完了したら、「完了」をクリックします。

ノート

Synology NASを外付けHDDに定期的にバックアップする場合は、 自動バックアップを作成できます。

■ソースファイルを添付できるように、Synology NASに接続することを確認します。