SSDを搭載したNASは、システムパフォーマンスを向上させるいい選択

SSD VS HDD

ストレージコンポーネントを選択すると、ほとんどの人はSSDとHDDの違いを混乱させます。では、どちらにしますか?実際には、明確な答えはありません。各買い手は、自分の評価と好みを持っています。勿論、これはあなたの予算次第です。一般的には、SSDの価格はHDDより高いです。しかし、パフォーマンスが主な考慮事項であり、お金がセカンダリである場合は、SSDが最適です。

SSDとは何ですか?まず、SSDはSolid State Driveの略です(ソリッドステートドライブ)。SSDは、消去可能で書き込み可能なセルを備えた特別な種類のメモリチップを使用しますので、電源を切ってもデータを保持することができます。通常、SSDはより高速なパフォーマンスを持ち、ますます流行っていきます。

HDDとは何ですか?HDDはHard Disk Driveの略です(ハードディスクドライブ)。もう時代遅れになってしまいました。HDDとは磁性体を塗布した円盤を高速回転し、磁気ヘッドを移動することで、情報を記録し読み出す補助記憶装置の一種である。プラッタの回転が速ければ速いほど、HDDの性能は向上します。HDDのもう一つ利点は、多くのデータを安価に保存できることです。だから、安価なストレージがたくさん必要な場合は、標準的なハードディスク(HDD)は間違いなくもっと適用な方法です。

SSD RAIDアレイによりシステムパフォーマンスを向上させる

現在、ノートブックユーザーはますますSSDのことを詳しく知っています。SSDを使用してから性能、特にスピードと耐久性にする性能が顕著に改善されたために、従来のHDDをSSDに置き換える傾向があるユーザーがますます多くなっています。

複数のSSDはRAIDアレイにグループ化されて、単一のドライブとしてホストオペレーティングシステムに表示される場合、デスクトップ、ワークステーションやサーバーでパフォーマンスが大幅に向上します。RAIDストレージはI/Oパフォーマンスを向上させるだけでなく、ディスクドライブを冗長化することで、障害が発生してもシステムは影響を受けず、データ損失をせずに稼動し続けます。SSDは従来のHDDが提供していないRAID性能を提供しています。

現在、よく使用されるデスクトップとワークステーションのマザーボード上にRAIDコントローラがあります。これらのRAIDアレイは、システム起動時にアクセス可能なRAID BIOSで構成されています。RAID 0ストライプで2つのSSDを使用するだけで、最小限のコストでドライブ性能を倍増できます。または、一つのドライブに障害が発生してから、データを失わずに補助ドライブが引き継ぐために、二つのSSDを使用してシステムドライブのイメージを作成することができます。

過去数年間、RAIDコントローラ設計者は、SSDの性能向上のために、新しいRAIDコントローラ技術の開発に専念してきました。さらに、一部の調達者は、RAIDコントローラを備えたソフトウェアを従来のHDDとSSDの両方を併用するハイブリッドストレージソリューションに応用しています。このソフトウェアは優れた読み取りパフォーマンスを実現するために頻繁に読み取られたデータを識別し、SSDキャッシュに直接コピーします。

NASにおけるSSD RAIDの利点

NASはネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage)の略です。NAS RAIDは、ネットワークに接続されたストレージデバイスで使用されます。

NAS RAIDのメリットは次のとおりです:

HDDの故障によるデータ損失を防止します。

より大きいボリュームへより高速にアクセスします。

バックアップ&復元などを行わずにダイナミックデータボリュームを拡張できます。

上記からみれば、SSD RAIDは従来のHDDよりも優れた性能を持つことが分かっているはずです。だから、SSD NASは、データストレージの最大の役割を果たします。SSD RAIDを使用してNASシステムを拡張しようとすることができます。