SMART Status BADというエラーが出た時の対処法

この問題について

もし、コンピューターは起動に失敗して、同時に「Pri Master Hard Disk: S.M.A.R.T. Status BAD, Backup and Replace Press F1 to Resume」というメッセージが出るなら、このエラーによってプライマリハードドライブ(ブートディスク)が既に故障していたことが分かります。もし、コンピューターに1つ以上のHDDがインストールされたなら、「Sec Master Hard Disk: S.M.A.R.T. Status Bad」というメッセージが出るかもしれません。それはデータディスクに問題があることを意味します。SMARTシステムはHDDにあります。コンピュータマザーボードはそれを使用して、HDDの状態をモニターします。任意の既存問題または潜在的な問題があるなら、それは警告を与えます。ほとんどの状況で、SMARTは故障した後、HDD上のデータが完全に紛失することは間もなく発生しています。そのため、「SMART status bad backup and replace」というメッセージ通り、すぐに重要なデータをバックアップする必要があります。

Status Bad

故障したHDDをバックアップします

もし、このエラーはセカンダリHDDを指すなら、バックアップのフリーソフトをダウンロードして、故障したドライブをバックアップできます。もし、プライマリドライブのSMART状態が悪いなら、Windowsを正常にロードできません。そのため、ブータブルメディアを使用して、コンピューターを起動する必要があります。そして、ドライブをバックアップします。Windowsをロードするかどうかと関係なく、フリーソフトAOMEI Backupper StandardはHDDをバックアップできます。それを使用して、SMART Status BADという問題があるPriまたはSecマスターハードディスクをバックアップできます。AOMEI Backupperを利用して、USBフラッシュドライブまたは書き込み可能なDVDでブータブルメディアを作成できます。また、任意のコンピューターで作成されたAOMEIブータブルメディアから起動できます。

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、実行します。またはAOMEI Backupperによって作成されたブータブルディスクから起動します。このソフトウェアは直観的なインターフェイスがあります。

2. ホームスクリーンで「バックアップ」タブの下にある「ディスクバックアップ」をクリックします。自分の状況によって、「パーティションバックアップ」、「システムバックアップ」または「ファイルバックアップ」を選択することもできます。

ディスクバックアップ

3. 次のスクリーンで、HDDをクリックして、それをバックアップソースディスクとして選択します。他のドライブを宛先ディスクとして選択します。

ステップ1

4. 「開始」をクリックして、バックアップを実行します。

開始

しばらく、このバックアップが完了できます。新しいHDDをインストールする時、ブートディスクから起動して、新しいHDDにバックアップを復元できます。また、必要ならば異なるハードウェアを持っているコンピューターに復元することもできます。SMART Status BADというエラーが出た後、HDDが完全に壊れる期間を確認できないので、できるだけ速くデータをバックアップしたほうがいいです。