エラーの修復:SMART Failure Predicted on Hard Disk 0, 2 or 4

シナリオ

「私はデルInspiron N7010ノートパソコンがあります。Windows7の究極の64ビットはそれにインストールされます。最近、ノートパソコンを起動する時、黒い画面には「SMART Failure Predicted on Hard Disk 0: WD5000BEVP-75A0RT0-(S1). Warning: Immediately backup your data and replace your hard disk drive. A failure may be imminent. Press F1 to Continue.」というエラーメッセージが表示されます。そして、F1キーを押しますが、効果がありません。ノートパソコンを再起動すると、このエラーメッセージはもう一度表示されます。このエラーはいったいどういう意味ですか。私はそれを修復できますか。誰か教えてくれませんか。」

smart障害

このエラーメッセージはコンピューターとマザーボードの異なるブランドに基づいて違います。得るメッセージは「hard disk failure is imminent」であるかもしれません。F1キーを押した後Windowsが正常に起動しますが、起動のロードが完了した後の数分に、「Windows detected a hard disk problem」というポップアップ警告を受けられます。エラーメッセージを修復する前に、SMARTは何のことを知りたいかもしれません。HDDとSSDの全てのモードは、HDDに内蔵されている自己診断機能SMART (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)を使用して、性能と誤り率などのドライブの状態をリアルタイムにチェックしたり、システムに結果を報告したりします。SMARTは、事前障害分析として知られた技術を使用して、HDD上の差し迫っている障害を伝えます。でも、その障害は実際の障害ではありません。今、お使いのコンピューターのHDDが壊れていませんがすぐにそうになります。事故はほとんど予測できなくて、一週間または一年間の後に発生できるかもしれません。そのため、事故が発生する前にそれを修復したほうがいいです。そうすれば、HDDの障害を回避できます。

回避策

SMARTの故障予測警告はいくつかの原因で表示されるかもしれません。例えば、多すぎる不良セクタ、ショック(位置を頻繁に変更する場合ノートパソコンに発生する可能性が最も高いです)、過熱、ディスクがほぼいっぱいで、デフラグしないこと、誤ったシャットダウンなどです。次の回避策を試してから、SMARTのHDDエラーが表示するかどうかを確認します。

回避策1:不良セクターをチェックして、修復します

HDDの全てのパーティションにCHKDSKを実行して、発見された問題を修復してみます。

Windows7で「スタート」->「コンピューター」をクリックし、またはWindows10で「ファイルエクスプローラ」をクリックします。HDDの任意のパーティションを右クリックします。「プロパティ」->「ツール」を選択します。エラーチェック下で「チェックする」をヒットします。「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクターをスキャンし、回復する」オプション前のボックスをシェックして、それらを有効にします。そして「開始」をクリックして、プロセスを始めます。

ディスクチェック

Windowsインストールを含むパーティションをチェックする場合、次回コンピューター起動時にディスク検査をスケジュールすることを求めます。全てのパーティションを一つずつチェックし、またはスケジュールしたくないなら、無料パーティション管理者-AOMEI Partition Assistant Standardを使用して、パーティションとディスク表面テストをチェックしてもいいです。

パーティションチェック

回避策2:ディスクの温度を下げます

SMART警告は過熱によることは珍しくありません。時には換気を改善して、修復されます。最初、コンピューターが十分な換気があるかどうか、全てのファンがうまく動作するかどうかを確認します。換気の問題を見つけて、換気の問題を修正するなら、平均の温度が正常の水平に下がって、SMARTエラーは二度と現れません。

回避策3:デフラグディスク

「スタート」ボタンをクリックします。検索ボックスで「Disk Defragmenter」を入力して、結果のリストで「ドライブのデフラグと最適化」を選択します。最適化したいドライブを選択して「最適化」をクリックします。

ドライブの最適化

以上の回避策を全て試してみますがエラーメッセージを未だ修復しない場合、SMARTのHDDエラーは物理原因で起こるかもしれません。それは物理である時、何も物理的な方法で修復できません。警告(immediately backup your data and replace your hard disk drive)だけに従ったほうがいいです。

ソリューション

実際には、「SMART Failure Predicted on Hard Disk」エラーを受けるかどうか、HDDを定期的にバックアップするのはHDD障害を避けるに最高の方法です。

HDDをバックアップするために、AOMEI Backupper Standardみたいな無料バックアップソフトウェアは非常に推薦されます。それは使いやすくて、機能がいっぱいあり、MBRディスク、GPT/UEFIディスク、ダイナミックディスク、ハードウェアRAID、SSDなどの範囲が広いディスクタイプをサポートできます。主な機能はシステムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、増分/差分バックアップ、自動バックアップ、異なるハードウェアの復元、システムクローン、ディスククローンなどを含みます。

HDDをバックアップする前に:

  • コンピューターにAOMEI Backupperをダウンロードして、インストールします。それはWindows 10、Windows 8.1/、Windows 7、Vista and XP (全てエディション32/64ビット)を含むほとんどのWindows PCのOSをサポートします。
  • ディスクバックアップイメージファイルを保存するに使用される外付けのHDDを準備します。AOMEI Backupperは外付けHDD、USBフラッシュドライブ、CD/DVD、NASデバイスとネットワーク共有フォルダへのバックアップをサポートします。外付けHDDを持っていない場合、他のものを準備すればいいです。どんな装置を選択しても、それがコンピューターに認識されることを確保してください。

ステップ1: AOMEI Backupperを起動します。「バックアップ」テーブルで「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ2: 「タスク名」は好きなように変更できます。「1」をクリックして、SMARTエラーがあるHDDを選択します。「2」をクリックして、ディスクバックアップイメージファイルを保存する場所を選択します。「オプション」をクリックして、圧縮、分割、VSSなどのタスクを設定できます。HDDを定期的にバックアップするために、「スケジュール」オプション前のボックスをシェックして、それを有効にします。デーリー、ウィークリーとマンスリーなどの自動バックアップを作成できます。

バックアップディスク

ステップ3: バックアップが必要であるディスクとイメージファイルを保存する場所を選択した後に、「開始」をクリックします。

開始

今、HDDを守ります。ある日、SMART障害予測が事実になるなら、新しいHDDを買って、障害のものをコンピューターから外して、買うものと置き換えます。そして、AOMEI Backupperを使用して、ブータブルメディアを作成して、新しいHDDへバックアップイメージを復元します。