セクター単位のクローンの最高のツール:AOMEI Backupper

セクター単位のクローンとは

セクター単位のクローンは、セクターがブランクまたは論理的な不良セクターであっても、すべてのセクターをクローンすることを指します。ディスクの全く同じコピーとともに、OSとアプリケーションを二度とインストールせずに元の小さなHDDを新しいブランドの大きなドライブにアップグレードできます。それに加えて、このコピーはデータレスキューに有用です。例えば、古いHDDに欠陥領域がある時、ディスク上の回復手順は固有の暴露のせいで更なる欠陥を起こせるかもしれません。そのため、最高の方法はセクター単位のディスククローンです。それはリニアな操作で、古いドライブ上の削除されたデータ、紛失したデータ、アクセスできないデータをすべて含むのでより少ない暴露を起こします。要するに、セクター単位のクローンを試す価値があります。セクター単位のクローンソフトウェアも重要です。

なぜセクタークローン向けのクローンツールが必要ですか

通常に、セクター単位のディスククローンは2つのディスクの論理セクターのサイズが同じであることを要求します。さもないとクローンジョブは失敗するかもしれません。例えば、より速いアクセスのために3TBのドライブをPCに移動したいですが、1つのドライブは4096\4096の論理セクターサイズを表示し、他のは512\4096を表示します。様々なコマンド(Window XP「管理」やWindows 7「管理」など)を試しても、それはセクタークローンを行うことを止めます。そのため、AOMEI Backupperのようなクローンツールが必要です。クローンツールは賢くて、ブランククラスターをスキップできます。また、異なる論理セクターサイズを持つディスク間でクローンすることもできます。

AOMEI Backupperでセクター単位のクローンを行う方法

AOMEI BackupperはOS、ファイルシステムとパーティションスキームなどに関するセクタークローンジョブを実現できます。次はAOMEI Backupperを使用して直接にGPTディスクをMBRディスクにセクター単位のクローンを行う方法を紹介します。 

ステップ1:AOMEI Backupper Standardをダウンロードしてインストールし、起動します。「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

メインコンソール

ステップ2:クローンしたいディスクをソースディスク(ここではディスク1です。それはGPTディスクです)として選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ3:クローンを保存するディスクを宛先ディスク(ここではディスク2です。それはMBRです)として選択します。「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ノート:

  • いつセクター単位のクローンが必要ですか。宛先場所のサイズはソースディスクより大きくて、またはそれと等しいである場合、それを実現できます。
  • ディスククローンはGPTからMBRに多くとも3つのパーティションだけをクローンできます。そのため、ソースディスクは3つ以上のパーティションを含む場合、残したパーティションは「パーティションクローン」を使用する必要があります。

ステップ4:このウィンドウで、操作をビューできます。そして「セクター単位のクローン」をチェックします。もし宛先ディスクはSSDである場合「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」は推薦されます。それはディスクの読み込みと書き込み速度を最適化できます。最後は「開始」をクリックします。

操作概要

ステップ5:操作が終了すると、「完了」をクリックします。

AOMEI Backupperはセクター単位のクローンジョブを完成できる便利で無料ソフトウェアです。またはセクター単位のクローンをしたくない場合、それはデフォルトでディスクの使用済み領域だけをクローンできます。それは時間とディスクスペースを節約できます。