AOMEIフリーソフトでセクタ単位のバックアップを作成する方法

セクタ単位のバックアップは選択されたパーティションまたはディスクのすべてのセクタのイメージを作成することです。この記事では、セクタ単位のバックアップを作成する方法を紹介します。

セクタ単位のバックアップとは?

セクタ単位のバックアップは正確なコピーを作成することも言います。この機能を使用すると、選択されたパーティションまたはディスクのすべてのセクタのイメージを作成できます。このイメージには、データが存在するセクタだけでなく、空きセクタも含まれています。その作業プロセスはセクタ単位のクローンとほぼ同じです。

セクタ単位モード 対 インテリジェントセクタ

インテリジェントセクタはバックアップファイルのサイズをコンパクト化することです。これはファイルシステムの使用済みセクタのみをバックアップするため、イメージファイルのサイズとバックアップ時間を減らすことができます。このモードを使用すると、ソースディスクより小容量のディスクにバックアップすることもできます。

セクタ単位モードは、ディスクまたはパーティションの全てセクタ(使用済みセクタ、と未使用セクタ)をバックアップします。結果として、このイメージのサイズはバックアップ元(ソース)とほぼ同じです。また、このプロセスはインテリジェントセクタより多くの時間がかかるかもしれません。

一般的に、インテリジェントセクタは、柔軟性があるし、時間も節約できるため、広く使われています。それに加えて、一部の人はなぜセクタ単位のバックアップを使用するかが分かりません。

隠しデータとか、削除したファイルとかをバックアップしたい場合、セクタ単位でバックアップすることをお勧めします。不良セクタや破損ファイルが存在する場合、セクタ単位のバックアップを使うのは賢い選択です。また、セクタ単位のバックアップがあれば、クラッシュからPCを復元することも心配する必要がありません。

セクタ単位のバックアップを作成する方法

通常、Windowsに内蔵されているツールはファイルシステム上の使用済みセクタだけをバックアップできます。ディスクをセクタ単位でバックアップするために、この機能を備える専門ツールが必要です。たとえば、AOMEI Backupper Standardです。これは素晴らしいバックアップ&復元ソフトです。無料で、誰でも簡単に使えます。

次は、AOMEI Backupperを使用してセクタ単位のバックアップを作成する方法を見てみましょう。ここではディスクバックアップを例とします。

手順 1. AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールし、起動します。主な画面で「バックアップ」→「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

手順 2. 「1」でバックアップする必要があるディスクを選択し、「2」で別の場所をバックアップ先として選択します。

バックアップ先を指定

手順 3. 画面の下の方にある「オプション」を選択してから「インテリジェントセクタ」タブをクリックします。ここでは「インテリジェントセクターバックアップ」と「精確なバックアップを作成」という2つのオプションがあります。AOMEI Backupperはデフォルトで「インテリジェントセクターバックアップ」を選択しますが、今回は「精確なバックアップを作成」を選択し、「はい」をクリックします。

注:バックアップを保存するパーティション/ディスクのサイズは、ソースより大きいか、または等しくなければなりません。バックアップ先ディスクはバックアップ元ディスクより小さいなら、インテリジェントセクターをお勧めします。

セクタ単位のバックアップ

【補足】そのほか、「普通」タブをクリックしてバックアップの暗号化、電子メール通知を設定することもできます。

セクタ単位の復元

セクタ単位モードでディスク/パーティションをバックアップしたら、後でセクタ単位モードでそれらを復元することができます。また、バックアップを取る前に、ディスクの上に破損したファイルシステムがある場合、ディスクバックアップをセクタ単位で作成して復元する必要があるかもしれません。

セクタ単位モードで復元を行う時、プログラムは使用されていたかどうかに関係なく、すべてのセクタを復元先のディスクやパーティションにコピーします。セクタ単位モードでない場合、使用済みセクタのみは復元され、未使用セクタは無視されます。

【補足】復元を実行する前に、データを正常に復元できるように、「ユーティリティ」タブ以下の「イメージをチェック」を使用して、イメージバックアップの整合性をチェックしたほうがいいです。

イメージをチェック

セクタ単位でバックアップを復元するのに、AOMEI Backupperを起動し、「復元」をクリックし、復元したいイメージとポイントを選択し、そして復元先としてのディスクを指定します。すべてが終わったら、操作概要画面の下の方にある「セクター単位の復元」チェックボックスにチェックを入れてください。

セクター単位の復元

破損したファイルシステムが存在するディスクのバックアップをセクタ単位で復元した後、修復オプションでcheckdiskを実行して壊れたファイルシステムを修正する必要があるかもしれません。

コマンドプロンプト(検索ボックスにcmdと入力)を起動し、chkdsk DISK: /rコマンドを入力します。

結論

AOMEI Backupperを使って、セクタ単位のバックアップを簡単に作成できるでしょう。また、このフリーソフトは他の高度な機能を備えます。たとえば、ディスク容量を節約するために増分バックアップと差分バックアップを作成できます。ユニバーサル復元機能を利用し、イメージを他のパソコンに復元することもできます。

AOMEI Backupperはバックアップ&復元ソフトだけでなく、優れたディスククローンソフトです。クローン機能も2つのオプションがあります。セクタ単位モードまたはインテリジェントセクタを選択してクローンできます。このディスククローン機能を使用して、いくつかのクリックだけでHDDからSSDに移行することができます。

一言でAOMEI Backupperはほとんどのユーザーのニーズを満たせる総合的なソフトウェアです。