Windows 10/8/7向けのSamsungクローンフリーソフト

HDDをSSDに換装したい時、SamsungクローンフリーソフトをダウンロードしてWindowsを再インストールせずにデータをSSDに移行できます。

Samsung Data Migrationとは?

ご存知のように、Samsungソリッドステートドライブ(SSD)はその素晴らしい性能なのでコンピューターユーザーに人気があります。同時にSamsungはSamsung SSDのクローンと移行のためにSamsung Data Migrationという無料ツールを提供します。

Samsung Data Migrationの最新版はWindows 10と互換性があるので、それを使用してWindows 10/8/7でオペレーティングシステム(OS)をSSDに移行することができます。

USB-SATA変換アダプターで新しいSamsung SSDを接続できます。或いはSATAポートが利用可能ならSamsung SSDをSATAポートに直接接続できます。Samsung Data Migrationを正常にインストールした後、ソースディスクとターゲットディスク(Samsung SSD)を選択して複製を開始できます。

Samung Data Migration

しかし、470 Series、750 Series、830 Series、840 Series、850 Series、950 Seriesを含むSamsung SSD製品の一部のみにこのツールを適用します。そのため、他のメーカーのSSDはこのデータ移行ソフトを使用できません。

もしソースディスクには2つ以上のパーティションがるなら、最初の2つのパーティションだけは複製されています。お使いのコンピューターに1つ以上のディスクをインストールした場合、Samsung Data Migrationソフトウェアで現在のシステムディスクだけをSSDにクローンできます。

HDDをSamsung SSDにクローンする時、決してディスクを切断しないでください。クローンの時、開いているファイルは正しく複製されることができないので、コンピューターを使用しないほうがいいです。

Samsung Data Migrationで複製に失敗した場合やHDDが認識しない場合もあるでしょう。こういう時、HDDをSSDに交換するためにSamsung Data Migrationの代替フリーソフトを見つけたいかもしれません。

Samsung Data Migrationのかわり

AOMEI BackupperはSamsung Data Migrationの優れた代替品です。それは無料HDDクローンソフトです。様々なSamsung SSDのクローンに対応します。プロのデザインでは、HDD/SSDを異なるサイズやパーティションスタイルのHDD/SSDに簡単に複製できます。

他の一部のSSDクローンフリーソフトと違ってAOMEI Backupperはクローンの時、いくつかのファイルは正しく複製されないことを心配することなく、コンピューターを使用できるし、ソースディスク上のいかなるファイルを編集できます。

また、MBRディスクをGPTディスクに(GPTディスクをMBRディスクに)クローンすることもできます。それに加えてHDDからSSDにデータを移行するのがよりいい体験になるようにAOMEI Backupperはより多い機能を提供します。例えば、SSDを最適化するためにパーティションを調整し、セクター単位のクローンを行えます。

無料SamsungクローンソフトでHDD/SSDをクローンする方法

一般的に、SSDはHDDよりずっと小さいです。AOMEI Backupperを使う場合、クローンの前にパーティションのサイズを調整する必要がありません。小容量SSDにクローンする時、プログラムは自動的にパーティションをリサイズしてターゲットディスクに合わせます。

ケース 1:HDDから小容量SSDへクローン

ステップ 1:AOMEI Backupperをダウンロード、インストールして起動します。「クローン」タブの「ディスククローン」を選択します。OSのみを移行したい場合、「システムクローン」を選択できます。でもこの機能はAOMEI Backupper Professional版(有料)だけで使用可能です。

ディスククローン

ステップ 2:クローンしたいソースディスク(ここではディスク0です)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースを選択

ステップ 3:Samsung SSDを宛先ディスク(ここではディスク1です)として選択します。そして「次へ」をクリックします。

宛先を選択

ステップ 4:次のウィンドウで、操作概要をビューできます。「開始」をクリックして操作を実行します。

操作概要

ヒント:

  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」は好きなようにパーティションのサイズと位置を編集できます。
  • 「セクター単位のクローン」はセクターが使用されたかどうかに関係なく、空白セクタでも不良セクタでも全てをクローンします。
  • 「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」はSamsung SSDの性能を最適化するためにここで非常に推薦されます。

ステップ 5:進捗状況は100%に達すると、「完了」をクリックします。

ケース 2:大容量SSDに未割り当て領域を残さぜ、交換

大容量のディスクにクローンする時、いくつかのユーザーはクローン先のディスク領域がソースディスクと同じであることを見つけるかもしれません。残りスペースは未割り当て領域として表示されます。AOMEI Backupperを使って宛先ディスク上のパーティションを編集できるので、クローン先のSSDに未割り当て領域がないことは可能です。

ソースディスクと宛先ディスク両方を選択した後、操作概要の画面で「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックします。

パーティションを編集

「パーティションを編集」の画面に3つのオプションがあります。2番目のオプションを選択して全てのパーティションをディスク全体に自動的に合わせることができます。また、3番目のオプションでディスク上のパーティションのサイズを手動で編集できますが、製品をアップグレードする必要があります。

ご覧のとおり、AOMEI BackupperはSamsungクローンの専門ソフトです。それを使用して、数回のクリックだけでSamsung SSDの複製ジョブが完了できます。

クローン機能のほかにAOMEI Backupperはバックアップと復元の機能も提供します。HDDをSSDに換装するために、バックアップと復元を使用してWindows 10/8/7をSSDに移行することもできます。

更に、CD/DVDまたはUSBフラッシュドライブでブータブルメディアを作成できます。そのため、Windowsをロードせずにクローンや復元を実行できます。