パソコンを復元するためにシステムイメージの作成

今回の記事はWindows 7/8/10でシステムをバックアップする方法を紹介します。万一に備えて早めにバックアップを行っておき、何が起こってもすぐに復旧できます。

パソコンを元の設定に戻すには何が必要ですか

最初の設定に戻すため、まずこの前にバックアップイメージを作成して置かなければいけません。普段はシステムイメージを作成します。このシステムイメージはいつ作成したほうがいいですか。答えは早ければ早いほど良いです。最初の状態に復旧したいなら、バックアップはシステムをインストールした直後に行うことです。システムファイルとドライバーファイルだけがあるので、この時作成したイメージは最低限のディスク領域を占めます。後ほどのバックアップイメージはより大きなサイズになります。定期的なバックアップ策なので、増分バックアップと差分バックアップは領域の節約につながります。

システムイメージより復元はもう一つのメリットが有り、システム修復ディスクまたはシステムインストレーションディスクに比べて、イメージは保存しやすいし、失いや破壊されたリスクも低くなります。実は多くのユーザーは問題がなければパソコンをリセットしたくないということです。しかし、システムイメージもシステム修復ディスクもない場合は、状況が厳しくなります。

Windowsでシステムイメージを作成します

バックアップは復元の前提なので、パソコンをどうやって元に復元するのを考える前に、まずシステムイメージを作成します。Windows 8/10の場合は、タスクバーの下にある検索ボックスコントロールパネルを入力してEnterを押して -> システムとセキュリティ -> バックアップと復元(Windows 7)の手順で、左側のパネルにシステムイメージの作成をクリックします。Windows 7には、 開始メニュー> コントロールパネル -> システムとセキュリティ -> バックアップと復元により、同じところでシステムイメージを作成します。

しかし、Windowsに組み込まれたこのイメージ作成ツールは使いやすくないし、何からの問題でバックアップに失敗することもよくあります。詳しい情報はWindowsバックアップと復元の代わりという記事に参考にします。従って、多くのユーザーはこのバックアップと復元ツールの代わりを探しています。総合的な無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを試してみます。Windows xp/Vista/7/8/8.1/10を対応しています。AOMEI Backupper Standardを使ってシステムのバックアップと復元を楽になって簡単に行います。AOMEI Backupper Standardをダウンロードして幾つかの手順でバックアップイメージを作成してみます。

AOMEI Backupperでイメージを作成します

1. AOMEI Backupper Standardをインストールして開きます。左側のバックアップをクリックして、システムバックアップを選択します。

System Backup

2. 次のウインドウにCドライブが既に自動的に選択されました。パーティションイメージの保存先を指定してから、開始をクリックします。

Start Backup

注意:

  • システムイメージをシステムがインストールされたHDD以外の場所に保存することをお勧めします。USBフラッシュドライブまたは外付けHDDはよく使われたデバイスです。
  • パソコンのバックアップを定期的に行いたいなら、スケジュールをチェックして設定できます。オプションをクリックすると、次のウインドウでバックアップに関する高度なカスタマイズ設定を行えます。

Backup Options

バックアップした後、システムに予期しない状況が発生した場合は、作成されたイメージからシステムを復元できます。システムを異なるハードウェアのパソコンに復元も対応しています。バックアップにとどまらず、AOMEI Backupperに組み込まれたシステムクローン、ディスククローン、パーティション/ボリュームクローン、ブータブルメディアの作成などの機能はパソコンとデータの安全を保護します。