GPT/UEFIディスクにMBRシステムイメージを復元する方法

GPT/UEFIにMBRシステムイメージを復元する理由

ご存知のように、OSをバックアップして、システムを復元するのはいくつかの意外な問題を解決できますが、高度なOSなので、ファイルやイメージは以前よりもっと大きくなります。それで、伝統的なMBRディスクは要件を満足できません。または、別のUEFIベースのGPTコンピューターに古いMBRシステムを復元したい時、GPT/UEFIのようなより大きなものにMBRシステムイメージを復元する必要があります。最初は、MBR、GPT、UEFIについての基本的な知識を見てみましょう。

MBR(マスターブートレコード)は、ドライブの先頭に置かれたブートセクタであり、2TBのパーティションサイズだけをサポートできます。それに、4つだけのプライマリパーティションを持つことができます。

GPT-GUID(Globally Unique Identifie)パーティションテーブルは、ディスクパーティションテーブルの新しい標準であり、2TB以上のパーティションサイズをサポートできます。それに、多くのパーティションを作れます。MBRと比べて、より大きいボリュームとより多いプライマリパーティションを作成することができます。

UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)はBIOS(Basic Input/Output System)の欠点を補えて、PCのファームウェアとOSの間のインタフェースです。MBRディスクとGPTディスク両方をサポートできます。

ニーズに応じて、常にMBRをGPTディスクへ変換しますが、どちらは利点と欠点があるので、時々逆にも実行します。

GPT/UEFIへのMBRシステムイメージ復元

Win7やそれ以降のOSの場合、ファイルは以前より大きくなっています。しかし、MBRディスクは多くとも2TBだけのパーティションサイズをサポートできます。それで、どのように大きいボリュームのファイルやイメージを処理しますか。大きなパーティションサイズと柔軟なパーティション管理を考慮したら、GPT/UEFIにMBRシステムイメージを復元するのは最高の方法です。この操作はWindows「ディスクの管理」の機能を超えることを考えると、AOMEI Backupperのようなサードパーティ製のバックアップソフトウェアを使用して、それを完了したほうがいいです。このソフトウェアはシステム復元を簡単かつ迅速になることができます。それに、復元の後、システムブータブルを確保できます。

同じPCで他のGPTディスクにMBRシステムイメージを復元します

操作の前に:

  • MBRシステムイメージを既にバックアップするかどうかを確認してください。
  • UEFIマザーボードでOSが作業できるかどうか、UEFIで起動できるGPTディスクを準備するかどうかを確認してください。

ステップ1. AOMEI Backupper Standardを起動して、「復元」をクリックします。

復元をクリック

「復元」をクリックした後、あるボックスがポップアップして、システムを復元したいですかを確認します。「はい」をクリックして、続けます。

ステップ2. 小さなボックスをチェックして、他の場所にシステムを復元できることを確保します。そして、バックアップタイプを選択して、「次へ」をクリックします。

復元

ステップ3. 宛先を選択して、GPTディスクにMBRシステムを復元します。

宛先を選択

ステップ4. もう一つのポップアップが操作を続行しますかをリマインドして、「はい」をクリックします。次の画面のように表示されます。ユニバーサル復元を実行する場合、それがデフォルトでチェックされます。「開始」をクリックします。

開始

ステップ5. 最後に、進捗状況が100%に達した後、「完了」をクリックしてください。ここまで既にGPTディスクにMBRを復元します。

完了

新しいPCを購入した時、古いシステムを使用したい、あるいはマザーボードを変更してMBRはそれを扱うことができない、または他のいくつかの理由で、別のコンピューターでGPT/UEFIにMBRシステムイメージを復元する操作はユニバーサル復元と呼ばれます。ユーザーはその機能を使用して、異なるハードウェアを持つコンピューターにOSを復元できます。上記のリンクをクリックすると、より多くを学べます。

この記事は成功にGPT/UEFIにMBRシステムイメージを復元するのに役立つことを願っています。