Windows OSを物理パソコンから仮想マシンに移行する方法

Windows OSを物理パソコンから仮想マシンに移行する必要はある?

「サーバーにWindows Server 2003がインストールされているので、VMWare EXSiを仮想マシンとして実行したいのですが、全体を再配置する必要がないと思っています。Windows OSを仮想マシンに移行する簡単な方法はありますか?まったく同じハードウェアで同じボックスにとどまります...何も変わりません。」

これは私がSERVERFAULTで読んだものです。このユーザーのように、OS(サーバシステムまたはPCシステム)を仮想マシンに移行したいと考えているユーザーがたくさんいます。彼らも全体を再配置したくない、またはWindowsをVMwareに移行する簡単な方法を知りません。仮想マシンがまったく同じ環境(OS、ハードウェア、ソフトウェアなど)を装備しているため、物理マシン上でやりたくても、やる勇気を持ってないことを仮想マシンでやることができます。

注:この記事はWindowsオペレーティングシステム(OS)向けのものです。LinuxやMacなどの他のシステムでは、その情報の一部を参照することができます。

オペレーティングシステム(OS)を物理パソコンから仮想マシンへ素早く移行する(P2V)

今、物理パソコンからVMwareにWindows OSを簡単に移行する方法を説明します。解決方法と言えば、あなた達の心の中に答えを持っていると信じています――ユニバーサル復元。そう、これは異なるパソコンにシステムを復元するタスクの名前です。宛先パソコンの配置がソースパソコンと違っても、この作業を行うことができるプログラムもあります。仮想マシンはパソコンと思われるので、[ユニバーサル復元]機能を使用して仮想マシンにOSを移行できることも当たり前です。

ここでは、 AOMEI Backupperを例としてシステムをVMwareに移行する手順を示します。 仮想マシンの場所に応じて、私たちは最も簡単な方法を提供します。

例1:宛先の仮想マシンがソースの物理パソコンにあること

ステップ1.ガイドに従って システムのバックアップを作成し、システムイメージファイルをローカルのどこかに保存してください。

ステップ2. 起動可能なISOファイルを作成し、ローカルディスクに保存します。

ステップ3.作成したISOファイルから仮想マシンを起動します。その後、ファイルの作成時にISOファイルに自動的に組み込まれたAOMEI Backupperが表示されます。直接に、[復元]機能を使用してOSをこのVMwareに復元することができます。

注:

  • ステップ1で作成したイメージファイルを使用してください。

イメージファイル

  • 復元中に、「ユニバーサル復元を有効にする」というオプションがデフォルトで選択されています。これで、異なるハードウェアであっても、復元後もいつものように起動することを保証するので、選択したほうが良いでしょう。

Universal Restore

例2:仮想マシンが他のパソコンにある

ステップ1.システムイメージを作成し、ストレージ (NAS)付きのネットワークまたはリムーバブルデバイス(USBなど)に保存します。

ステップ2.起動可能なISOファイルを作成し、リムーバブルデバイスまたはCD / DVDに書き込んでください 。

ステップ3.リムーバブルデバイスを挿入して仮想マシンを起動します。 それでは、例1のようにしてください。

ヒント:

  • 起動可能なISOファイルに替わって、もう一つ[ユニバ ーサル復元]を行う方法がります――[PXE Boot Tool]
  • 物理マシンから仮想マシンへOSを移行する他に、AOMEI Backupperは仮想マシンから物理マシンへOSを移行すること(V2P)と(V2V)VMからVMへOSを移行することをサポートしています。

AOMEI Backupperのエディションはいくつかあります。自分の状況に応じて、適切な一つを選択したほうがいいです。通常、無料の標準版が推奨されても、サーバーシステムを実行している場合は、サーバシステム向けのAOMEI Backupper Serverを使用する必要があります。