Windows 7/8.1/10でフィアルを安全かつ高速にバックアップします

重要なファイルをバックアップして万一に備えることの必要さは言うまでもない。たとえデータを失ってもバックアップしたので心配しない。では、Windowsでファイルをバックアップする方法を学びます。

バックアップしなければならないもの

パソコンを使っているうちに、重要なファイルとプログラムがどんどん作成されました。ディスクトップやノートパソコンに関係なく、プログラムの設定ファイル、音楽、写真やビデオ、電子メール、個人のデータ、システムなど多くのファイルが保存されました。重要だと思われる場合は、ためらわなくてすぐバックアップしておきます。さもないと、一度データを失って大変な目にあうことになります。例えば、沢山のお金をかけて音楽をダウンロードしたが、思いがけないことで全てが消えちゃったことを望まないではないでしょうか。そういう思いがけないことは少なくないです。誤って削除やハードウェアとソフトウェアの障害、予期しない動作、自然災害によって重要なファイルを失いかねません。反対の例にとって、上司に大切な文書を送るところに、システムの不具合によって文書がなくなった。それをバックアップした場合は、文書ファイルを復元して送信できます。では、その重要なバックアップする方法を紹介します。

バックアップしたファイルの保存先

ファイルをバックアップする前に、このバックアップをどこに保存したほうがいいに戸惑ったかもしれません。実は、幾つかの場所に保存できます。

他のパーティション

システムパーティション(普通はCドライブ)はクラッシュしやすいので、Cドライブ上のファイルをHDD上の他のパーティションにバックアップします。従って、システムがクラッシュした場合でも、バックアップしたファイルは他のパーティションに引き続き存在します。/p>

他のローカルディスク

2つ以上のHDDを持っている場合は、バックアップイメージを他のローカルディスクに保存できます。従って、元のHDDが壊れても、データは別のディスクに安全に存在します。

外付けストレージドライブ

データをパソコンから分離してUSBフラッシュドライブ、CD/DVD、外付けHDDなどの外付けドライブにバックアップして、パソコンは故障しても影響を及ばさなくてより安全ですが、どこでも持ち運べます。

ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage;NAS)

ファイルをNASへのバックアップは、特にビジネスにとって賢明です。全てのメンバーが同じLANのファイルを共有できます。

バックアップイメージをどこに保存するのは自分の必要に応じて決めますが、どのようにパソコン上のファイルをバックアップしますか。

AOMEI Backupperでファイルをバックアップします

AOMEI Backupperは強力なバックアップツールです。全てのWindowsバージョンを対応して、使いやすいUIで簡単にバックアップします。この素晴らしいを使って無料でバックアップしましょう。

バックアップする際に必要になるもの

AOMEI Backupper

バックアップする手順

1. AOMEI Backupperの左側のパネルにバックアップをクリックしてファイルバックアップを選択します。また、必要に応じてパーティションバックアップシステムバックアップを選択してパーティションに対して完全にバックアップまたはシステムをバックアップします。

File Backup

2. ファイルを追加をクリックしてバックアップしようとするファイルを選択し、またはフォルダを追加で、フォルダ全体をバックアップします。オプションによって、特定のファイル拡張子を持つファイルの自動バックアップさえ行えます。次に、 バックアップイメージの保存先を選択します。ここではDドライブを例にとって選んで、開始をクリックして操作を始めます。

Start Backup

note:

バックアップを開始する前に、バックアップに関するオプションを設定できます。案内に従って操作します。

3. バックアップが完了したら、完了をクリックしてAOMEI Backupperを閉じます。

ファイルを安全にバックアップだけではなく、AOMEI Backupperはより多くの機能を提供します。この製品でブータブルメディアを作成して、パソコンが起動できない時にブータブルメディアで起動してシステムを修復します。AOMEI BackupperはWindowsのあらゆるバックアップと復元問題を解決できます。