フォーマット前に外付けHDDをバックアップする方法

なぜ外付けHDDをバックアップしますか

外付けHDDはマシンから分離したストレージデバイスの1つです。いくつかの理由で、データを保存するのに外付けHDDを使用するかもしれません。

● データを格納するのに内蔵HDDは十分な容量を持っていません。そのため、外付けHDDへファイルを保存することにします。

● 外付けHDDへデータを保存して、それをどこでも連れてもいいです。外付けHDDはポータブルです。そのため、それを使用してデータをどこでも持ち運びできます。外付けHDDをマシンに挿入することを通して使用します。それはコンピューターまたはラップトップを持参することよりも便利です。

しかし、外付けHDDは多くの利点がありますが、深刻な問題に直面します。それは小さくて、ポータブルであるので、窃盗されやすいし、紛失しやすいです。それは異なるコンピューターに使用されるかもしれません。繰り返しの挿入と引き抜きとともに、それは数秒で壊れるかもしれません。外付けHDDに故障が発生すると、データは永遠に消えるかもしれません。そのため、外付けHDDをバックアップするべきです。そして、どのように外付けHDDをバックアップしますか。

他には、外付けHDDの使用法を変更したいかもしれません。データを廃棄せずに外付けHDDをフォーマットしようとします。フォーマットの前に外付けHDDをバックアップするのはデータの安全性を守れます。でも、どのようにフォーマットの前に外付けHDDをバックアップしますか。

外付けHDDをバックアップする方法

バックアップイメージを保存するについて、選択できるデバイスが沢山あります。コンピューターの内蔵HDD、または他の外付けHDDです。問題は外付けHDDをバックアップする方法です。この問題を解決するために、ここでは無料バックアップソフトウェアAOMEI Backupperを非常に推薦します。それはいくつかの手順で外付けHDDをバックアップできます。操作する前に、以下の準備が必要です。

● バックアップしたい外付けHDDです。

● ストレージデバイスです。それはCD/DVD、USBフラッシュドライブ、USBHDDなどの内蔵HDDまたは他の外付けHDDになれます。外付けHDD上のデータを保存するのに十分な容量があることを確認してください。

● フリーソフトAOMEI Backupperをダウンロードして、コンピューターまたはラップトップにそれをインストールします。

これらを準備した後、以下のガイダンスに従うことができます。

ステップ1.コンピューターへバックアップしたい外付けHDDを接続します。もし、他の外付けHDDへそれをバックアップしたいなら、マシンにこのストレージHDDも接続します。このプログラムを起動して「バックアップ」→「ディスクバックアップ」をクリックします。

ディスクバックアップ

ステップ2.「ディスクバックアップ」のページに移動します。他のバックアップと区別するために、タスク名を編集できます。そして、「1」と「2」でソースディスクと宛先ディスクを選択する必要があります。外付けHDDを他の外付けHDDへバックアップする方法を説明するために、ここでは外付けHDD(ディスク1)を他の外付けHDD(ディスク2)へバックアップする例を挙げます。

ソースと宛先ディスク選択

ステップ3.ソースHDDと宛先HDDを選択した後、「開始」をクリックしてプログレスを起動します。それが終わったら、「完了」をクリックします。

ノート:

● ストレージデバイスが小さいである場合、「オプション」でデータを圧縮してみることができます。

● スケジュールバックアップを実行できますが、バックアップ中に外付けHDDを引き抜くことができません。「スケジュール」でそれを設定できます。

これはAOMEI Backupperを使用して外付けHDDをバックアップする方法です。Windows XP/Vista/7/8/10を含むWindowsのOSでそれを無料で利用できます。実は、AOMEI Backupperは強力なバックアップソフトウェアです。それはデータの安全性を維持するために多いことを行えます。例えば、1つのコンピューターから他のコンピューターへファイルを転送し、USBフラッシュドライブへ大きいファイルを転送することです。しかし、バックアップイメージのマージなどのより多い機能が必要である場合、それをAOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。それはStandardエディションより優れたデータ保護者です。