外付けHDDへファイルを自動的にバックアップします

外付けHDDへファイルを自動的にバックアップする理由

外付けHDDへファイルをバックアップするのは重要なデータが紛失することを防ぐためです。次はファイルのバックアップが必要である理由です。

1. 第一、データの安全性のことを心配する必要がありません。データは個人的なファイル、仕事のファイルと他の重要なデータを含みます。外付けHDDへファイルをバックアップするのはファイルを安全に保存できます。

2. 第二、どこでもファイルを使用できるためです。例えば、USBポート、ポータブルHDDなどです。外付けHDDへファイルをバックアップして、とこでもデータをアクセスできます。

3. 第三、毎日コンピューターを使用するので、いくつかの増分ファイルをバックアップする必要があります。でも、頻りに行うことはめんどくさいです。そのため、自動的にファイルを外付けHDDにバックアップするのは時間とエネルギーを節約できます。

AOMEI Backupperで自動的にファイルをバックアップする方法

AOMEI Backupperは自動的にファイルを外付けHDDへバックアップできます。それはファイルを指定された位置にバックアップし、自動バックアップを設定できます。AOMEI Backupperのファイル/フォルダバックアップサービスを通して、バックアップしたいファイルおよび外付けHDD先を指定する必要があります。その他に、このソフトウェアのスケジュールバックアップ機能を使用して、バックアップの周期を設定できます。

1.5以降のバージョンだけは自動ファイルバックアップを実現できます。ここでは4つの選択肢があります。デイリー、ウイークリー、マンスリーモードとイベントトリガーです。自分のニーズによってバックアップスケジュールを選択できます。

今、外付けHDDへファイルを自動的にバックアップする詳細な手順を学びます。まず、このソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

1. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

2. 「ファイルを追加」をクリックしてバックアップの必要があるファイルを選択します。「2」をクリックしてある場所を宛先パスとして選択します。外付けHDDはUSBポート、CD / DVD、ポータブルハードドライブになれます。例では「K:/」です。

ファイルを追加

3. 外付けHDDへファイルを自動的にバックアップするために、「スケジュール」をチェックして、自動バックアップのモードを設定します。即ち、ファイルを定期的にバックアップするモードを選択します。

「普通」は時間によってファイルを自動的にバックアップします。「詳細」のスケジュールモードを自分の要求によって選択して設定できます。

スケジュール設定

4. ファイルと宛先パスの設定を確認して、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。「スケジュールを追加して、今すぐバックアップ」または「スケジュールを追加」があり、したいものを選択します。

5. 「完了」をクリックして全ての操作を行います。

ノート:

1. バックアップが完了した後、外付けHDDを取り出さないでください。

2. ファイルバックアップ機能で、単一ファイルをバックアップするだけでなく、複数のファイルとフォルダをバックアップすることもできます。

3. 使用しているファイルをバックアップできません。外付けHDDはイメージファイルのために容量がある必要があります。

4. 自動的にファイルをバックアップする詳細を了解したいなら、「増分バックアップと差分バックアップ」についてのヘルプドキュメントを見られます。