起動ディスク作成用のフリーソフト-大人気!

なぜ起動ディスク作成用のフリーソフトが必要ですか?

あなたは友人からコンピュータが壊れてしまったとよく聞くかもしれません。さらに悪いことに、彼はバックアップイメージを持っていません。だから、災害が発生する前にファイルまたはシステムをバックアップすることは非常に重要です。そして、コンピュータは起動を拒否し、重要なファイルやアプリケーションにはすべてアクセスできませんでした。あなたのなら、これに対する解決策がありますか?

コンピュータは、システム実行用に設計されていますが、一部のユーザーはその上にデータを格納しかありません。誰かがOSを持たないベアメタルでディスクをバックアップしたいのであれば、対策がありますか?

コンピュータが正常に起動できる場合でも、起動ディスク作成用のバックアップソフトがまだ必要です。OSブートとは、システムプログラムを起動する必要があることを意味します。目に見えるアプリケーションをすべて終了しても、Windows環境で最も速くバックアップすることはできません。したがって、Windows PEで起動ディスク作成用のバックアップソフトを使用して、コンピュータをバックアップする方が適切です。

起動ディスク--CDまたはUSB内のバックアップフリーソフト

起動ディスクにある起動可能なバックアップソフトウェアは、Windows環境以外のコンピュータをバックアップするため、PCを起動する必要はありません。Windows OSなしでは、Windowsバックアップユーティリティを使用することは不可能です。そのため、起動可能なCDまたはUSBドライブを作成する必要があります。プロバックアップユーティリティ--AOMEI Backupper標準版(フリーソフト)をお試しください。このバックアップソフトウェアはお使いのCD/USBドライブを起動可能にすることをサポートします。簡潔明瞭なインターフェイスと簡単な操作方法なので、あなたはコンピュータサイエンスに関する知識がほとんどない場合でも心配しないでください。では、このソフトウェアをダウンロードして試してみてください。

バックアップソフトウェアで起動ディスクを作成する

CDまたはUSBドライブをコンピュータに接続し、Windowsで検出できることを確認してください。起動ディスクを作成する操作はWindows環境で行われるため、コンピュータがすでに故障している場合は、ご家族や友人のコンピュータで作成してください。

ステップ1.AOMEI Backupper標準版をインストールして起動します。「ユーティリティー- >ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ2.Windows PE- Windows PEに基づいて起動ディスクを作成」を選択します。その後、Windows AIKをインストールする必要があるかどうかをAOMEI Backupperが検出します。そうした場合は、まずWindows AIKをインストールしてください。

Windows PE- Windows PEに基づいて起動ディスクを作成

ステップ3.起動可能なメディアを選択します(ここではUSBを例とします)。「次へ」をクリックし、処理が完了するまでお待ちください。ほとんどの場合、ほんの数分かかります。

起動可能なメディア

作成後、起動可能なメディアを抜きます。今はフリーソフトでWindowsまたはコンピュータをバックアップする時間になります。コンピュータが正常に起動できる場合は、BIOS設定で起動順序を変更します。そうでない場合は、起動可能なデバイスを挿入し、PCを直接起動してください。

AOMEI Backupper標準版が表示されます。それを開いて重要なデータのバックアップを作成し始めます。利用可能なバックアップタイプは、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップやファイル同期です。 ディスク全体をバックアップする場合は、Windows 8/10、Windows XP/VistaおよびWindows 7のバックアップ起動ディスクを選択します。

AOMEI Backupper標準版を使用すると、起動ディスク(CDまたはUSB)を作成して壊れたコンピュータをバックアップしたり、バックアッププロセスを高速化にしたりすることができます。そのバックアップイメージは、必要に応じて他の場所に復元することもできます。AOMEI Backupper標準版がサポートしているOSは、Windows 7、Windows 8/10およびWindows XP/Vistaです。では、今すぐダウンロードして体験してください。