フォーマットせずに破損したフラッシュドライブを復元する方法

この記事では、フォーマットしなくて、データを失うことなく、破損したフラッシュドライブを復元するさまざまな方法を紹介します。

フラッシュドライブはフォーマットされる必要がある理由

場合によっては、コンピュータがUSBフラッシュドライブのフォーマットを依頼することがあります。つまり、フラッシュドライブが破損しているか、破損している可能性があります。USBスティックとそのデータを開くことができません。

次に、一般的なシナリオを以下にリストします。

  • USBドライブは不良セクタを保持し、「ディスクをフォーマットする必要があります」と表示します。
  • USBドライブが空であるか、またはサポートされていないファイルシステムがあります。
  • ディスクをリムーバブルディスクに挿入してください
  • USBドライブに0バイトが表示されているか、「フォルダが空です」。
  • ウイルスはフラッシュドライブに感染し、その中のファイルを破損しています。
  • USBデバイスが認識されない、または誤動作します。
  • ディスクをフォーマットする必要があります。

フォーマットせずに破損したフラッシュドライブを復元する方法

上記のエラーメッセージが表示されたら、2つのことについて心配するかもしれません。まず、フォーマットせずにフラッシュドライブからファイルを復旧する必要があります。次は、データを失うことなく破損したフラッシュドライブを復元します。

以下の手順を参照して、問題を段階的に解決する手助けをします。データの損失を考慮すると、ファイルを最初に復旧し、後で損傷したドライブを復元する方がよいでしょう。

CMDのattribを使用してUSBフラッシュドライブからファイルを復旧

手順 1. CMDを開きます。Win + Rキーを押して実行ウィンドウを呼び出し、「cmd.exe」と入力して「はい」をクリックします。

手順 2. ドライブに不良セクタがないか確認してください。コマンドプロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

chkdsk E: /f(E is the drive letter of your USB device)

手順 3. ドライブが使用中であれば、「Y」を入力して、Enterキーを押して続行します。 CMDからプロンプトが出されない場合は、手順4が表示されます。

手順 4. 削除されたファイルを元に戻します。次のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行することができます。

attrib –h –r –s/s /d E: *.*

Chkdsk

注:

「-h」コマンドは、選択したファイルにHidden属性を割り当てます。

「-r」は読み取り専用属性です。ファイルは読み取り可能であり、変更することはできません。

「-s」は、選択したファイルにSystem属性を割り当てます。

「/s」は、サブフォルダを含む指定されたパスを検索することを意味します。

「/d」コマンドにはプロセスフォルダが含まれています。

すべての操作が終了すると、USBフラッシュドライブに保存されたすべての復元ファイルが、新しく作成されたフォルダで検索されます。デフォルトでは、ファイルは「.chk」形式になります。しかし、あなたはまだファイル形式を変更し、それを望ましい場所に保存することができます。

ファイルを復旧できない場合は、データ回復ソフトウェアを試すことができます。一般に、ほとんどのソフトウェアはファイルをスキャンして復元できます。あなたはRecuvaを使うことができます。それは無料で、うまく動作します。

破損したUSBをフォーマットせずに修正

  • 異なるコンピュータの異なるUSBポートをテストする

USBポートは、フラッシュドライブが正常に動作しない理由の1つになります。USBポートを確認することをお勧めします。

  • USB用のドライブ文字を割り当てる

場合によっては、いくつかの不明な理由により、コンピュータが外付けUSBドライブにドライブ文字を割り当てることができません。

したがって、ドライブをコンピュータに接続し、ドライブ文字を手動で割り当てることができます。

手順 1. 「Win + R」キーを押して実行ウィンドウを開き、「diskmgmt.msc」と入力します。

手順 2. ドライブを右クリックし、コンテキストメニューからドライブ文字とパスの変更を選択します。

手順 3. 「追加」をクリックし、ドロップダウンメニューでドライブ文字を選択し、「はい」をクリックします。

手順 4. ドライブを開いてデータにアクセスできるかどうかを確認してください。

  • Windows 10/8/7で破損したUSBを修復する

    手順 1. USBドライブをPCに接続します。

    手順 2. 「コンピュータ」または「このPC」を開き、「リムーバブルディスク」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。

    手順 3. 「ツール」をクリックし、「チェックする」をクリックして、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」をオンにしします。

    Win7のプロパティ

    手順 4. 「開始」をクリックして、スキャン処理を開始します。プロセスが完了するまで、お待ちください。

    アドバイス

    USBフラッシュドライブをフォーマットするとどうなりますか?

    一般的には、ファイルを復元する前にフォーマットしないことをお勧めします。しかし、誤ってフォーマットする人がいます。

    USBフラッシュドライブをフォーマットしても、データを復元できます。すべてのファイルはディレクトリとブロックを含む構造を持っているためです。ドライブをフォーマットするときは、ドライブのディレクトリを削除するだけです。すべてのファイルは重要でないとマークされ、ここにそのまま残ります。

    次のことに注意する必要があります。

    1. USBフラッシュドライブの使用を中止してください。

    2. USBスティックに新しいアイテムを追加しないでください。

    3. USBフラッシュドライブを再フォーマットしないでください。

    復元について

    どんなストレージデバイスを使用していても、データが失われる危険性があります。ストレージデバイスに問題が発生すると、さまざまな方法で復元できます。しかし、すべてのファイルを回復できるかどうかは分かりません。

    したがって、ファイルの正確なコピーを事前に作成する必要があると思います。最も簡単な方法は、AOMEI Backupperのようなバックアップおよび復元ソフトウェアを使用してファイルをバックアップすることです。

    それを使用すると、大きなファイル、特定のファイル拡張子を持つバックアップファイル、変更されたファイルのバックアップ、特定のフォルダのバックアップなどをバックアップできます。そしてすべてのステップはとても簡単です。このソフトウェアをダウンロードして起動するだけで、ウィザードのプロンプトに従います。

    バックアップ

    プロセス中に、より高度な機能を楽しむことができます。たくさんのファイルがある場合、バックアップを圧縮できます。毎日、毎週、毎月などの定期的な間隔でファイルをバックアップできます。

    また、特定の時点でファイルをバックアップする場合は、イベントトリガバックアップを選択することもできます。4つのタイプがあります。システムの起動、ユーザーのログオン、ユーザーのログオフ、 システムのシャットダウン時にファイルをバックアップすることができます。