修正:このドライブはファイル履歴で認識されません

症状

オリジナルが紛失することを防ぐために、他のHDDにファイルをバックアップする時、このドライブはファイル履歴で認識されませんということを見つけるかもしれません。時にはこのエラーメッセージはシステムが指定されたファイルを見つけないことで出るかもしれません。ドライブを再接続し、または別のディスクを選択しますが、ファイル履歴はまた失敗します。

このドライブはファイル履歴で認識されません

原因

ファイル履歴を利用する時、ドライブは接続できない本当の原因はスタートアップの種類が自動的にトリガーされることができないことです。このドライブを使用して、ファイルのコピーを保存します。そして、ドライブにいくつかの変更を作成するかもしれません。そのため、ファイル履歴はこのドライブを認識できません。

ソリューション

この問題を修正するために、以下の一つ以上を試すことができます。

手動でサービスを起動します

1. サービスを開きます。サービスを開くために、実行ボックスに「services.msc」を入力し、またはWindows 10のCortana(コルタナ)で「services」を検索できます。

2. File History Service(ファイル履歴サービス)を探します。サービスの開始をクリックします。そしてプロパティをクリックして、スタートアップの種類を自動(遅延開始)に設定します。

サービス再起動

ファイル履歴のドライブを再接続する方法

1. ファイルエクスプローラのオプションで隠しファイルと隠しフォルダーを表示します。それに「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」オプションをチェックしません。

2. C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory\Configuration\Configurationの中のフォルダを削除します。

3. ファイル履歴に移動して、ドライブをもう一度接続します。

ファイル履歴の代替品を使用します

以上の2つの方法を使用した後、ファイル履歴はまた動作できない場合、無料サードパーティ製のバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用して、ファイルとフォルダをバックアップできます。ファイル履歴と比較して、AOMEI Backupperはより多いオプションを提供して、より速く実行できます。

AOMEI Backupperでファイルとフォルダをバックアップします:

1. このフリーソフトを無料でダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

3. このスクリーンで、「1」の下の「ファイルを追加」をクリックして、バックアップに含まれたいファイルを指定します。「フォルダを追加」をクリックして、フォルダを含みます。フォルダを選択ウィンドウで、フィルタを設定して、バックアップからファイルを除外できます。

フォルダを追加

4. 「2」をクリックして、イメージバックアップを保存する場所を指定します。あるファイルエクスプローラのインターフェイスが出て、宛先場所としての任意のフォルダを選択できます。

場所選択

5. 最後に、必要なら「スケジュール」をクリックして、スケジュールバックアップを設定します。より多いオプションについて、「オプション」をクリックします。そして「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

バックアップが完了する時、部分的なファイルやバックアップの全体の内容をいつでも復元できます。このドライブはファイル履歴で認識されませんというエラーを修正した後、AOMEI Backupperの一つの機能-ファイル同期に興味があるかもしれません。その他に、AOMEI Backupperはシステムイメージバックアップを作成し、SSDにOSを移行し、ブータブルメディアを作成することもできます。