Wbadmin enable backupを使ってスケジュールされたバックアップを作成します

wbadminバックアップを有効にする

ユーザーはWindows 8/8.1/10とWindows Server 2008/2008R2/2012/2012R2/2016の内蔵バックアップツールを使用すると、スケジュールされたデイリーバックアップを構成、変更できます。Wbadminを使用してコマンドラインからこれらの操作は実行されることもできます。Windows Server 2008でターゲット場所はディスク全体でなければなりません(ボリュームはダメです)。また使用の前にディスクはフォーマットされます。つまり、その上の全てのデータは削除されます。Windows Server 2008 R2とそれ以後のWindows Serverのバージョンでディスクまたはボリュームをターゲットストレージ場所として指定できます。また共有フォルダもサポートされます。しかし、共有フォルダを選択するなら、バックアップ用のより多い場所を追加できません。つまり、1つだけの共有フォルダをターゲット場所として指定できます。それに、次のバックアップは前のバックアップを上書きします。ですから、バックアップの成功を保証できません。バックアップが何らかの形で失敗するかもしれません。そういう時、利用可能なバックアップを得ることができません。以上の制限と欠点について、幸いなことにここではソリューションがあります。

デフォルトでWindows WBadminによって作成されたバックアップスケジュールは、変更されたファイルだけをバックアップする高速増分バックアップを実行します(差分バックアップはより正確です)。他のバックアップソフトウェアと違ってWBadminは変更されたブロックを転送して新しいフルバックアップを形成します。それはWindowsが常にフルバックアップを実行しそうですが、変更されたファイルだけは転送されています。

WBadminでスケジュールされたバックアップを作成する方法

WBadminユーティリティを使用するために、管理者権限のコマンドプロンプトからWbadminを実行しなければなりません。管理者権限のコマンドプロンプトを開くために、検索ボックスに「コマンド プロンプト」を入力して検索結果でコマンドプロンプトを右クリックし、そして管理者として実行します。

スケジュールされたバックアップを作成するために、次のWbadminコマンド構文を実行できます: wbadmin enable backup –addtarget:\\192.168.0.221\Public\schedule –allcritical –include:D: –user:1 –password:1 –schedule:00:00

–addtarget構文はバックアップのストレージ場所を指定します。ドライブ文字を使用してディスクまたはボリュームを指定することもできます。そしてコマンドは次のように変更されます: wbadmin enable backup –addtarget:E: –allcritical –include:D: –schedule:00:00 –quiet

バックアップスケジュールをより頻繁に設定できます。00:00および12:00でデイリーバックアップを実行するために、次のコマンドを使用できます: wbadmin enable backup –addtarget:E: –allcritical –include:D: –schedule:00:00,12:00 –quiet

–quiet構文はプロンプトなしでサブコマンドを実行することを意味します。そのため、スクリーンショットのようにバックアップを実行する前にそれを確認する必要がありません。

Schedule Backup

ネットワーク共有へのバックアップをサポートしないWindows Server 2008を使用している場合、共有フォルダに仮想HDD(VHD)を作成し、そしてそのVHDにバックアップできます。或いは、ワンタイムバックアップのコマンドでバッチファイルを作成し、そしてタスクスケジューラを使用してこのバッチファイルを実行できます。Windows Serverは自動/スケジュールされたデイリーバックアップだけを作成、頻度がより低いバックアップスケジュールを作成できないため、スケジュールされたウィークリーバックアップを作成したい場合、この方法も適用します。

より柔軟な方法でスケジュールされたバックアップを作成します

ユーザーはAOMEI Backupperを使用すると、より柔軟な方法でコマンドラインから複数のスケジュールされたバックアップをファイルエクスプローラが検出できる場所に作成できます。AOMEI Backupperでスケジュールされたバックアップを作成します:

1. PCユーザーのためにAOMEI Backupper Standard(無料)をダウンロードしてインストールします。ServerユーザーのためにAOMEI Backupper Serverをダウンロードします。

2. 「バックアップ」タブでAOMEI Backupperが提供したファイル/フォルダ、システム、パーティションとディスクバックアップから1つのバックアップタイプを選択します。ここではシステムバックアップを例としましょう。

Backupper

3. 「2」をクリックしてバックアップのターゲット場所を選択します。プログラムは自動的にシステムバックアップ用のソースパーティションを選択します。

ステップ2

4. 「スケジュール」をクリックしてデイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガーなどのスケジュールされたタスクを設定できます。それはタスクスケジューラを使用してタスクを実行することをサポートします。「詳細」オプションをクリックしてフル、増分または差分バックアップを設定することもできます。

スケジュール

5. 「開始」をクリックしてこのタスクを追加するか、或いはすぐに実行します。

ご覧のようにWBadmin enable backupと比べてバックアップを構成する時、AOMEI Backupperはより多いオプションを提供します。この直感的なインターフェースの他にAOMEI BackupperはAMBackup.exeユーティリティも提供します。ユーザーはそれを使うとコマンドラインからバックアップまたは復元を実行できます。