Windows 7のダイナミックディスクをバックアップする方法

ダイナミックディスクの簡単な紹介

Windows 7でダイナミックディスクのバックアップを作成する前に、ダイナミックディスクとは何かを知っておいたほうがいいです。ディスクはベーシックディスクとダイナミックディスクに分けることができます。ほとんどのPCユーザーはベーシックディスクを使用します。ベーシックディスクは26文字に制限されます。また、それは多くとも4つのプライマリパーティションだけをサポートします。ダイナミックディスクはベーシックディスクと違います。それらはボリュームとして命名されることができます。またそれはRAID5ボリューム、ミラーボリューム、ストライプボリューム、スパンボリュームとシンプルボリュームを含みます。ダイナミックディスクはユーザーに与える機能はベーシックディスクより多いです。例えば、ダイナミックディスクは4つ以上のプライマリパーティションを持って、ベーシックディスクより柔軟ですが、Windows OSのホームエディションはダイナミックディスクをサポートしません。良い消息はダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する可能性があることです。

ダイナミックディスクのバックアップは必要である理由

ダイナミックディスクはその柔軟性のある機能なので益々人気があります。Windows OSを通して解決できない問題に遭ったことがあるかもしれません。例えば、500GBのUSBを持って、Windows 7でそれをダイナミックHDDとして作成します。Windows 7の下でそれは正常に外付けディスクをインポートできますが、Windows XPの下でそれは外付けディスクをインポートできません。ダイナミックHDDは無効になります。なぜですか。それはWindows OSのホームエディションがダイナミックHDDをサポートしないためです。この問題を解決するために、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換しなければなりません。でも、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換する時、データは紛失したり、壊れたりするかもしれません。データの安全性を確保するために、まずWindows 7でダイナミックディスクをバックアップする必要があります。

無料バックアップソフトウェアでダイナミックディスクをバックアップします

Windows 7の内蔵ツールを使用して、ダイナミックディスクのイメージバックアップを作成できますが、操作は複雑で、混乱します。それをより簡単にするために、AOMEI Backupperのようなサードパーティ製の無料バックアップソフトウェアの助けを見つけることができます。異なるツールの価格と機能を比較すると、AOMEIは無料で使用し、使いやすいです。更に、それはデータの安全性を維持できます。

ステップ1. Windows 7のOSにAOMEI Backupper Standard(無料)をインストールして、起動します。「バックアップ」タブの下で「パーティションバックアップ」を選択します。それはパーティションまたはダイナミックボリュームをバックアップする機能があります。ダイナミックシステムをバックアップしたい場合、「システムバックアップ」を選択したほうがいいです。あるいは、全体ダイナミックディスクをバックアップしたい場合、「ディスクバックアップ」を選択できます。

パーティションバックアップ

ステップ2. インターフェイスで「1」をクリックして、バックアップしたいダイナミックディスクのボリュームを選択します。

パーティションボリュームバックアップ

パーティションの選択インターフェイスで、全体ダイナミックディスクまたはバックアップしたいボリュームを選択できます。選択されたパーティションはグリーンになります。システムボリュームを選択すると、復元後起動可能を保証するために、それは「システムバックアップ」機能を使用することを推薦します。

ポップアップリマインド

ステップ3. バックアップされたダイナミックディスクのボリュームを選択した後、インターフェイスの「2」で宛先を選択する必要があります。それをクリックして、次の画面を見られます。複数の選択肢があります。例えば、他のディスクと外付けドライブにそれらをバックアップできます。また、AOMEI BackupperはNASにバックアップすることもサポートします。それは複数のコンピューターの管理に役立ちます。

宛先パス

ヒント:

さて、宛先パスを既に選択しました。ステップ2のインターフェイスに戻ります。「オプション」をクリックして、バックアップ設定を変更できます。それはポップアップを表示して、個人的にそれを設定することができる。「スケジュール」をクリックして、開始する前にスケジュールバックアップを設定します。

ステップ4. 「開始」をクリックして、ダイナミックディスクのボリュームをバックアップします。数分を待って、パフォーマンスの後、「完了」をクリックします。

完了

要するに、AOMEI Backupperの助けを借りて、Windows 7のダイナミックディスクをバックアップするのは簡単です。