空間の節約のために古いバックアップイメージを削除する方法

古いバックアップイメージを削除する理由

お使いのコンピューターがどんな安全でも、データバックアップは重要です。システムの故障、物理的な要因、ディスククのラッシュ、ウイルスなどでコンピューターのデータ損失や正しくないデータを起こすことがよく発生します。データの安全性を確保するために、ユーザーは常に定期的にデータをバックアップすることを選択します。例えば、毎日、毎週、毎月データバックアップを実行します。このように、コンピューターに多くの古いバックアップイメージがディスクスペースを占めています。そのため、無用、古いバックアップイメージの削除はディスクスペースの節約とコンピューターの速い実行速度の確保にとても役立ちます。

AOMEI Backupperで古いバックアップイメージを削除する方法

AOMEI Backupper Serverは強力な機能を持って、ファイル/フォルダ/システム/パーティションとディスクのバックアップをサポートします。多いデータをバックアップした後、ディスクスペースは小さすぎるなら、このソフトウェアは古いバックアップイメージを管理できます。一般的に、イメージを削除するために、いくつかのユーザーはよくバックアップイメージを保持するフォルダを開いて、古いバックアップを削除します。古いイメージは大きい場合、以上の方法は少し面倒で、一部の有用なファイルを削除するかもしれません。AOMEI Backupperで古いバックアップイメージを削除するのはより便利で、簡単です。手順は次のとおりです:

ステップ1: 「バックアップ」で、ファイル、システムやパーティションバックアップを選択できます。ここでは、「ファイルバックアップ」を例として選択します。

主なインタフェース

ステップ2: 最初、タスク名を付けます。そして、バックアップのファイルを追加して、イメージを保存する場所を選択します。「スケジュール」をクリックすると、自動バックアップを設定できます。最後、バックアップを「開始」します。

ファイルバックアップ

ステップ3: バックアップを完了した後、それは「ホーム」に戻ります。「詳細」をクリックして「バックアップを編集」→「スキーム」を選択します。そして、「ディスクスペースの管理を有効にする」をチェックして、「他のバックアップスキーム」を選択します。

バックアップの管理

ステップ4: ここでは2つのオプションがあります。一つは古いイメージを削除する期間を設定することです。例えば、月曜日に増分バックアップを作成して、火曜日に増分バックアップをもう一度作成する場合、もし古いイメージファイルを削除する期間は一日を設定するなら、最初の増分ファイルバックアップは火曜日に自動的に削除されます。もう一つは古いイメージファイルを削除する数量を設定することです。例えば、ファイルをバックアップして、ある日2つの増分バックアップを作成します。もし廃止されたバックアップイメージファイルの以前の1パーティションが次のバックアップが終了した時に削除されることを設定するなら、最初の増分バックアップが削除されることになります。デフォルトはディスク領域管理で最初のバックアップイメージファイルを削除しないでくださいということです。

タスク

一言で、AOMEI Backupperを使用して、無用で古いバックアップイメージを簡単に削除できます。ファイルバックアップイメージだけでなく、パーティションバックアップイメージ、システムバックアップイメージとフォルダバックアップイメージを削除できます。古いバックアップイメージは益々多くなる時、バックアップソフトウェアでそれらを削除して、空間を節約しましょう。

ノート:
AOMEI Backupper Serverエディションはディスクスペースの管理をサポートする他に、ProfessionaltとTechnicianエディションもこの機能を持っています。