Wbadminでバックアップを削除する(Windows Server)

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

古いバックアップを削除する必要性

マイクロソフトによると、次回のバックアップの容量を確保するには、Windows Server Backup(WSB)は自動ディスク使用量の管理によって、前のバックアップバージョンを削除します。バックアップを削除することはWSBの機能ですから、WBadmin delete backupコマンドを実行することによって、手動でバックアップを削除する必要はありません。

それにもかかわらず、スケジュールバックアップを数回実行した後でバックアップディスクがいっぱいになって、バックアップに失敗する可能性もあります。実際には、WSBがスナップショットのために割り当てられた領域を追跡しないときに、WSBは古いバックアップの削除を自動的に止めます。

ご存知のように、WSBによって作成されたバックアップはファイルエクスプローラでは削除できません。後の新しいバックアップ作成のためにより多くの領域を解放する必要があります。領域を解放するには、コマンドプロンプトからWBadminで古いバックアップを削除できます。

WBadmin delete backupコマンドでバックアップを削除する方法

通常に、WSBが作成するバックアップはシステム状態のバックアップと非システム状態のバックアップに分けられます。そして、異なるWBadminコマンドを使用してバックアップを削除することができます。Wbadminコマンドを使用してバックアップを削除するには、高級コマンドプロンプトを開く必要があります。[スタート]を右クリックし、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

WBadmin delete backupコマンドでシステム状態のバックアップを削除する

システム状態のバックアップは別別にディレクトリに保存されます。Wbadminは異なる3つのパラメータによって削除されるバックアップを指定します:

コマンド[-version]⇒指定したバックアップを削除する
コマンド[-keepVersions]⇒指定したバックアップ以外のすべてのバックアップを削除する
コマンド[-deleteOldest]⇒最も古いバックアップを削除する

例えば、Wbadminで5月第4夜の18:25に作成されたシステムバックアップを削除すると、次のコマンドを実行するだけでバックアップを削除することができます。

Wbadmin delete systemstatebackup -version: 05/04/2015-18:25 -backupTarget: G:

一方、

WBadmin delete backupコマンドで非システム状態のバックアップを削除する

サーバでWindows Server 2012 / 2012R2またはWindows Server 2016が作動している場合に、Wbadmin delete backupコマンドを実行してバックアップを削除できます。以下のWbadminパラメータの一つを使用して削除したいバックアップを指定します:

例えば、2015/11/10 06:48の時点に、バージョンのバックアップ以外のすべてのバックアップを削除すると、以下のようにWbadmin [keepversions]コマンドを実行するだけでバックアップを削除できます。

Wbadmin delete backup -keepVersion:11/10/2015-06:48 -BackupTarget:F:machine:WIN-9814GD4FH95

Wbadminパラメータ [-machine:]は複数のコンピュータを同じ場所にバックアップした場合のみに必要です。Windows Server 2008 R2またはそれ以前のバージョンのWindows Serverでは、WBSは非システム状態のバックアップを直接に削除することを実行できないです。こんな状況では、バックアップターゲット場所で対応するシャドウコピーを削除することで問題を解決できます。


WBadmin delete backupコマンドでシャドウコピーを削除するには:

1. WBadminコマンドで「DiskShadow.exe」を入力し、キー[Enter]を押します。

2. 「delete shadows oldest G:」を入力します。WBadminパラメータ「G」はバックアップドライブの文字またはボリュームGUIDに置き換える必要があります。

Delete Shadow

一般的に、バックアップドライブにはドライブレターがありません。その場合、WBadmin delete backupコマンドを使用してフルボリュームバックアップを削除するには、ドライブ文字を手動でバックアップドライブに割り当てるか、WBadminコマンド [Mountvol]を実行してボリュームGUIDを確認する必要があります。

バックアッププログラムとして、WSBは多くの方面で使用されることができますが、完璧なツールではなくて不足を持っています。上記の操作が面倒くさいと思うか時間を浪費すると思うパソコン使用者がいます。または、スケジュールバックアップに失敗する可能性があります。こんな場合、むしろ別のプロなバックアップソフトウェアに切り替えたほうがいいと思われます。

[Windows Server]バックアップを削除するソフトウェア|簡単かつ便利

AOMEI Backupper Serverはサーバをバックアップする4つのバックアップ方法と、古いバックアップを自動的に削除する5つの方法を提供します。さらに、電子メール通知を設定してバックアップの実行または失敗についての通知を受けることもできます。

WSBとは異なり、AOMEI Backupperを使用すると、スケジュールバックアップの他に、フル/増分/差分バックアップを任意に設定できます。その簡潔明瞭なインターフェイスを見たら、すぐに好きになるに決まっています。AOMEI Backupperを使用してWindows Serverをバックアップするには:

1. このサーバーバックアップソフトの30日間の無料版ダウンロードし、インストールし、起動します。

2. [バックアップ]タブで、バックアップタイプ――[システムバックアップ]、[ディスクバックアップ]、[パーティションバックアップ]、[ファイルバックアップ]から一つを選択してください。ここは[システムバックアップ]です。

System Backup

3. [2]をクリックして、イメージバックアップを保存する宛先パスを指定します。自動バックアップ中に、このプログラムはシステム復元には必要なパーティションを含んでいます。

Destination Location

4. [スケジュール]をクリックしてバックアップタスクのスケジュールを作成し、[スキーム]をクリックしてディスクスペース管理を配置して自動バックアップ削除を設定します。

backup schedule

Backup Scheme

5. [開始]をクリックしてすぐにバックアップを実行するか、バックアップスケジュールを追加します。

Start Backup

AOMEI Backupperはバックアッププログラムとして使用すると、古いバックアップを削除するためにWbadmin delete backupを使用する必要はなくなり、自動バックアップを行うためにバックアップを自分で削除する必要もありません。もしサーバが台無しになったら、AOMEI Backupperで作成したバックアップを使用してサーバーを復旧するか、ブート可能なレスキューメディアまたはAOMEI PXEツールを使用して異なるハードウェアサーバーに復元できます。

NOTE: ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンなどのようなより高度な機能を体験してみると、このソフトの完全版を利用しましょう~!