Windows 10/8/7でシステムシャットダウン時にコンピューターをバックアップします

コンピューターシャットダウン前にバックアップを設定する利点

コンピューターのシャットダウンボタンを押すと、ファイルの変更と保存が既に完了したことは明らかです。そのため、システムがシャットダウンする時コンピューターのバックアップを行うことは賢い選択肢です。Windows 10/8/7で一部の重要な更新は再起動の後にインストールされます。万が一、新しいアップデイトが失敗するなら、システムが起動できなくなり、データ紛失までも起こすかもしれません。もし、コンピューターをシャットダウンする前にバックアップを設定したら、こんなトラブルがありません。また、コンピューターがオフになる時ハードウェア故障は深刻なデータ損失を導くこともあります。そのため、コンピューターをシャットダウンする前にコンピューターのバックアップを設定することを推薦します。

コンピューターシャットダウン時に自動バックアップを行うフリーソフト

システムシャットダウン時にWindowsを自動的にバックアップすることを設定するのは可能でしょうか。AOMEI Backupper Standardは無料バックアップと復元ソフトウェアであり、それを実現できます。それはバックアップが完了した後コンピューターをシャットダウンすることを確保できます。それは異なるイベントで複数のスケジュール/自動バックアップを実行できます。シャットダウン時にバックアップを実行するだけでなく、このプログラムはコンピューターが起動する時、ユーザーログインまたはログオフ時バックアップを行うこともできます。それに加えて、デイリー、ウイークリー、マンスリーの定期的なバックアップを作成できます。バックアップに何を含むかに基づいて、それは四つのバックアップ種類を提供します。システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップとファイルバックアップです。更に、それは増分バックアップと差分バックアップをサポートします。そのバックアップは前のバックアップから新しいバックアップバージョンに新しく追加、変更されたデータだけを含みます。バックアップの時間とディスク容量を減少できます。

システムシャットダウン間にコンピューターを自動的にバックアップします

AOMEI BackupperはHDD、SSD、USB外付けドライブ、書き込み可能なDVD、ネットワーク共有場所などを含む多くのストレージデバイスをサポートします。つまり、ファイルエクスプローラーによって検出できる任意の場所はバックアップイメージを保存するバックアップ先として設定されることができます。

シャットダウン前に自動バックアップを設定します:

1. このバックアップソフトウェアをダウンロードして、コンピューターでそれを実行します。

2. ホームスクリーンで、「バックアップ」ボタンをクリックして、バックアップ種類を選択できるスクリーンに移動します。ここではシステムバックアップを例とします。

システムバックアップ

3. プログラムはフルシステム回復のために自動的に必要なパーティションを含みます。「2」をクリックして宛先場所を選択します。

ステップ2

4. 底部にある「スケジュール」ボタンをクリックして、ポップアップで「普通」の下にあるドロップダウンメニューから「イベントトリガー」を選択します。

イベントトリガー

5. 「システムシャットダウン」オプションをチェックします。

システムシャットダウン

6. 「開始」をクリックして、このバックアップジョブを追加したり、それをすぐに実行したりできます。

開始

そして、システムシャットダウン時にコンピューターをバックアップすることを今有効にします。次回コンピューターを起動する時、作成されたバックアップはAOMEI Backupperのホームスクリーンに表示されることを見つけます。システムが起動できない場合、それを復元するためにUSBフラッシュドライブまたは書き込み可能なCDを利用してブータブルメディアを作成することもできます。