Windows10向けのClonezillaの最高の無料代替ソフトウェア

Clonezilla概要

Clonezillaは無料ソフトウェアで、単一のドライブやドライブの単一のパーティションをクローンして、後でそのドライブを復元することをサポートします。それは2つのバージョンがあります。一つはClonezilla Liveです。ブータブルCD\USBディスクを作成して、Linux、Mac OS、Windows、FreeBSD、NetBSDとOpenBSDを含む様々なシステムのコンピューターを起動させることができます。もう一つはClonezilla Serverです。ネットワークを介して、同時に沢山のコンピューターをクローンできます。しかし、時にWindows10でClonezilla は正常に動作できません。例えば、ドライブに不良セクターがある場合、クローンタスクは失敗するかもしれません。今、他の強力なソフトウェアを試すのはいい計画です。

ここでは、推薦されている強力なソフトウェアはAOMEI Backupperです。それは有料版の沢山の機能を持つ無料版があり、ディスククローン(MBRディスクとGPTディスク間のクローンでも)、パーティションクローンとシステムクローン、3つのクローンタイプをサポートします。Clonezillaのテキストベースのインタフェースと異なり、AOMEI BackupperのフレンドリーなGUIでクローンタスクを簡単に完成できます。または、コマンドラインクローンが好きなら、有料AOMEI Backupper Professional Editionを使用してもいいです。そのバックアップ機能もそうです。全ての基本的な機能に加えて、AOMEI Backupperはブータブルメディアを作成できます。また、その素晴らしい機能はネットワークを介して、同時に沢山の異なるコンピューターへイメージを復元することです。

Clonezillaが処理できない状況について、AOMEI Backupperは不良セクターのクローンを実行できます。次はその手順を表示します。

AOMEI BackupperでWindows10ディスクをクローンする方法

Windows10でClonezillaを使用して、不良セクターのあるディスクを別にクローンする時、「読み込みエラー」のような不良セクターの報告に遭ったことがあるかもしれません。実は、正しいソフトウェアを見つける限り、不良セクターのあるHDDのクローンは複雑ではありません。

AOMEI Backuuperは全てのWindowsエディションをサポートして、クローンの時、不良セクターをデフォルトで無視できます。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

クローンディスク

ステップ2: 不良セクターがあるHDDをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ3: 別のドライブを宛先ディスクとして選択します。ターゲットドライブは前の言ったデータのサイズと等しくて、またはより大きい限り、それはソースのドライブより大きくて、小さくてもいいです。

宛先ディスク

ステップ4: 操作概要を確認して、「開始」をクリックします。

操作概要

ヒント:

  • 「セクター単位のクローン」はより多くの時間がかかって、不良セクターをターゲットディスクにもたらす可能性が高いので、それをチェックしないほうがいいです。
  • ターゲットディスクはSSDなら、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」をチェックして、SSDのサービス寿命を延ばすに加えて、読み込みと書き込みの速度を向上させることができます。
  • 「宛先ディスク上のパーティションを編集」オプションはいくつかのカスタム設定を行うことができます。