Clonezilla このディスクは不一致のGPTとMBRパーティションを含みます

症状

Clonezillaを使用して、バックアップからクローンや復元を試す時、プロセスは失敗するかもしれません。「Clonezilla このディスクは不一致のGPTとMBRパーティションを含みます」というエラーメッセージを残します。このエラーは、Mac OSとWindowシステム両方をインストールするコンピューターによく遭えます。

原因

あなたはMacユーザーであり、Chameleonブートローダーを持つ同じディスクにWindowsをインストールして、ブートメニューを作成する時、このプロセスはWindowsを起動するように、GPTディスクに保護MBRパーティションを作成するかもしれません。ClonezillaはGPTをサポートできますが、保護MBRパーティションを持つGPTディスクや保護GPTパーティションを持つMBRディスクを扱うことができません。それに、ClonezillaはハイブリッドMBRディスクで作業できません。そのため、ClonezillaはMBR/GPTの不一致エラーに失敗します。

ソリューション

ClonezillaはGPTをサポートできるので、Clonezillaが作業できるように、GPTパーティションのみあるいはMBRパーティションテーブルだけを持てばいいです。それを達するために、Gdiskを使用して、いくつかのコマンドを実行して、MBRやGPT保護データを削除します。

1. 「sudo gdisk /dev/sda」(/dev/sdxがディスク名を指します)のコマンドを入力します。

2. そして、ディスクの情報を次のように表示します:

有効なMBRとGPTを見つけました。あなたはどちらを使用したいですか。

(1 – GPT

(2 – MBR

(3 - Create blank GPT

3. ディスクはGPTに間違いないなら、そして1を選択します。それはMBRなら、2を選択します。3はディスク上の全てのパーティションを削除するので、それを選択しないでください。

4. そして「X」を入力して、MBR/GPTデータを削除します。Expertモードに入ることを確保します。

5. そして、プログラムはMBR/GPTデータを削除したいかどうか確認することを聞きます。「Y」を入力して、進行します。

6. 最後に、GPT/MBRデータを削除して、空き領域でパーティションを作成することができます。

全ての手順を完了した後、Clonezillaを実行して、ClonezillaのMBR/GPT不一致エラーを受け取らないでクローンや復元を作成できます。もし、Clonezillaはまた失敗する場合、Clonezillaとの同じ機能を持つ他の無料プログラムを切り替えることができます。

クローンやバックアップの代替ソフトウェア

Clonezillaに似ていて、AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8/7のために、イメージクローンの機能も提供します。完全にGPTとMBRディスクをサポートします。

AOMEI Backupperのバックアップと回復機能

1. システムバックアップファイルバックアップディスクバックアップを含む沢山種類のバックアップソリューションがあります。

2. スケジュール/自動バックアップはデータを定期的にバックアップできます。

3. 増分と差分バックアップは複数のバックアップを維持しながら、バックアップをより速く実行し、より多い空間を節約できます。

4. ファイルを開きながら、ホットバックアップを使用して、データバックアップを実行できます。

5. コンピューターが起動できない時、オフライン復元を使用して、コンピューターを回復できます。

AOMEI Backupperクローン機能

クローン

1. 小容量へ大容量HDDをクローンできます。

2. GPTディスクへMBRディスクをクローンし、またはMBRディスクへGPTディスクをクローンできます。

3. オンラインクローニングを使用して搭載されたパーティションのクローンを作成できます。

AOMEI Backupperを使用して、クローンや復元んを実行する時、その互換性なので、「Clonezilla このディスクは不一致のGPTとMBRパーティションを含みます」というみたいな問題に決して遭いません。