Clonezilla宛先ディスクが小さすぎるエラーを修正します

Clonezillaでイメージバックアップを復元します

Clonezillaはクローンとイメージングソフトウェアであります。しかし、大きいドライブをバックアップして、それを小容量ディスクへ復元したい時、Clonezilla宛先ディスクが小さすぎるエラーを見つけます。多くのユーザーは、バックアップと復元の方法で、あるHDDからOSをSSDに移行したいです。このSSDは一般的にHDDより小さいです。Clonezillaはファイルシステムの元のサイズをバックアップします。Clonezillaは元のファイルシステムをより小さなディスクに復元してみる時、宛先ディスク容量の限界を超えることはダメです。Clonezillaのクローン機能は同じ方法でデータをクローンします。そのため、小容量のHDDにクローンする時このエラーメッセージも表示されます。Clonezillaは大きなディスクのバックアップを小さなものに復元することを可能にしますか。

Clonezillaより小さなディスクへの復元

Clonezilla公式サイトから見て、Clonezillaは大容量ディスクから小容量ディスクにクローンすることをサポートできないことを知っています。でも、沢山のユーザーはHDDをSSDへアップグレードしたい時、大容量ディスクを小容量ディスクへクローンし、または復元するニーズがあります。幸いなことに、ある方法がこの問題を解決できます。Clonezillaは高度なモードを提供します。クローン、復元する時、Clonezillaにディスクサイズを無視させることができます。Clonezilla起動の開始時にエキスパートモードを選択します。そして、パラメータ「-icds」を選択して、パーティションテーブルを作成する前にClonzillaは宛先ディスクサイズをチェックしません。

パラメータ

Clonezillaはまた小さなドライブにクローンできない場合、ソースドライブを、宛先ディスクと同じに、または宛先ディスクより小さくなるまでに縮小します。その後、ソースドライブをもう一度イメージし、またはクローンできます。パーティションを縮小するために、Windows内蔵ユーティリティーディスクの管理を使用してもいいです。実行ボックスで「diskmgmt.msc」を入力して、それをアクセスできます。「ディスクの管理」の「ボリュームの縮小」オプションがグレー表示になり、または望み通りに縮小できないなら、他の無料パーティション管理ソフトウェアを使用できます。

より簡単に小さな宛先ディスクを扱います

しかし、以上の方法を全て使用して、Clonzillaはまたディスクが小さすぎると言いました場合、またはもっと簡単な方法が必要な場合、AOMEI Backupper Standardを推薦します。それはHDDの無料クローンとイメージングソフトウェアであり、大容量ディスクから小容量ディスクへクローンし、復元することをサポートします。余分の設定を行うこと、パーティションをリサイズすることが必要なくて、それは直接に動作できます。AOMEI Backupperはどのように大容量ディスクから小容量ディスクへ復元するかを見てみましょう:

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、システムバックアップを作成します。

2. コンピューターに宛先HDDを接続します。AOMEI Backupperのインタフェースに入って、「復元」をクリックします。

Backupper

3. 復元スクリーンで、復元するバックアップを選択して、「次へ」をクリックします。復元したいバックアップが表示されない場合、「パス」をクリックして、イメージバックアップを探します。

パス

4. どこへ復元する場所を選択します。選択された場所はパーティションである場合、データを書き込む前に、このパーティション上の全てのデータが削除されます。

宛先を選択

5. 宛先ディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックして、「開始」をクリックします。

開始

大きなHDDから小さなものに復元することに加えて、AOMEI BackupperはMBRとGPTディスク間のクローンと復元もできます。AOMEI Backupperを使用して、Clonezilla宛先ディスクが小さすぎるエラーは再び表示されません。