Clonezilla小さなディスクに大きなディスクをクローンする方法

なぜClonezillaで小さなディスクに大きなディスクをクローンしますか

オープンソースの無料ソフトウェアとして、ClonezillaはHDDのクローンとバックアップに使用されることができます。それは、会社あるいはホームで広く使用されたほとんどのOSと互換性があります。多くの人はClonezillaの使用が好きで、特に新しいHDDでHDDをアップグレードしたい時。この状況で、Clonezillaを使用して、Windowsまたはインストールされたプログラムを再インストールせずに別のHDDにHDDをクローンできます。しかし、古いものを代替する宛先ドライブのサイズはいつもソースドライブと同じ、またはより大きいわけではありません。SSDの素晴らしい性能で、また最近それらは安くなるので、多くのユーザーはClonezillaでデータを大きなドライブから小さなSSDに換装したいです。

Clonezillaで小さなHDDに大きなドライブをクローンする方法

公式に、Clonezillaは、ソースドライブと等しくて、またはより大きい宛先パーティションが必要で、クローンを保存します。そのため、唯一の方法はソースパーティションを縮小して、宛先パーティションにフィットすることです。

Clonezilla新しいディスクにパーティションをクローン:

1. Windows 10/8/7の「ディスクの管理」を開きます。Linuxシステムを実行する場合、GPartedメディアからコンピューターを起動できます。

2. ソースパーティションを右クリックして、「ボリュームの縮小」をクリックします。ウィザードに従って、パーティションを縮小します。

3. それが完了した後、Clonezillaに再起動します。

4. ソースディスクと宛先ディスクを選択します。

5. EXPERTモードを選択して、「-icds」オプションを有効にします。以下のメニューから「Resize partitional table proportionally」オプションを選択する必要もあります。

Extra Parameters

6. 必要があるなら、他のClonezillaオプションを設定できます。そして「y」を入力して、確認します。最後にクローンを開始します。

この方法で、Clonezillaはこのディスクでパーティションテーブルを作成するのに失敗しましたみたいなエラーが発生せずにクローンのプロセスを完成できます。しかし、これは複雑で面倒すぎると思っていたら、他のフリーソフトを試して、余分な準備なしに、直接に大きなディスクから小さなディスクにクローンします。

小さなHDDに大きなHDDをクローンするより簡単な方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8/7向けの無料クローンソフトウェアで、数回のクリックで小さなドライブにHDDをクローンできます。それは、システムクローン、パーティションクローン、ディスククローンの3つの異なるクローンソリューションを提供します。また、それはMBR(レガシーBIOSベース)とGPT(UEFI ベース)間のディスククローンを完全にサポートします。

小さなSSDへの大きなHDDのクローンを開始:

1. このフリーソフトをダウンロードして、お使いのコンピューターに実行します。

2. ホームスクリーンで、「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。自分のニーズに基づいて、「システムクローン」と「パーティションクローン」も選択できます。

クローン

3. ソースディスクと宛先をクリックして、選択します。「次へ」をクリックします。

ソース選択

4. 宛先ディスクはSSDである場合、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックします。そして、操作を確認して、問題がないなら「開始」をクリックします。

開始

しばらく、AOMEI Backupperはこのクローンプロセスを完成できます。そして、このHDDを引き出して、クローンされたドライブから起動できます。そのため、AOMEI Backupperを使用するなら、Clonezilla小さなディスクに大きなディスクをクローンする複雑な方法を実行しなくてもいいです。また、それはClonezillaのような無料バックアップと復元のソフトウェアと見なされます。