Windows7でSSDをHDDにクローンする方法

AOMEI Backupperは、Windows 7でSSDをHDDにクローンするだけではなく、HDDをSSDにクローンすることもできて、いろいろな機能がある素晴らしいフリーソフトです。

なぜWindows 7でHDDにSSDを換装する必要があるのですか?

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDD(ハードディスクドライブ)よりも多くの利点があります。例えば:

1. SSDはより耐久性があります。HDDは、回転するプラッタ上にデータを格納し、機械アームのR&Wヘッドを移動させて情報を読み取るため、衝撃や損傷の恐れがあります。しかし、SSDは回路板に搭載された非機械的なNANDフラッシュを使用しており、最大1550g/0.5msの耐衝撃性を実現しています。

2. SSDはHDDより高速です。HDDはスピンのためにデータにアクセスするのにより長い時間を必要とし、SSDは最大100倍速くなり、結果としてシステム全体の加速になります。

上記を除いて、SDDはより信頼性が高く、より静かで、よりクールで軽く、消費電力がより少なくなります。しかし、SSDはさらに高価なので、購入することを妨げる唯一の理由かもしれません。あなたがすでに小さなSSD(賢明な選択肢)を持っているならば、より安い価格のより大きなHDDは、同じサイズのSSDよりも高価でHDDがもっと安くなるので、二次ディスクであることも良いです 。

AOMEI Backupperを使ってSSDをHDD にクローンする方法は?

別のHDDを購入してセカンダリディスクとして接続した後、AOMEI Backupperを使用してWindows 7でHDDにSSDを換装できます。実際には、32ビットと64ビットの両方のWindows XP\Vista\7\8\8.1\10を含むすべてのWindowsエディションで、SSDをHDDに複製するか、SSDにHDDを複製することができます。次に、段階的に説明します。

ステップ 1: AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。[クローン]タブの[ディスククローン]を選択します。

ディスククローン

ステップ 2: SSDをソースディスク(ここではディスク0)として選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3: HDDをコピー先のディスク(ここではディスク1)として選択し、[次へ]をクリックして続行します。

宛先ディスク

ステップ 4: このウィンドウでは、操作結果をプレビューできます。SSDをHDDに複製するには、「開始」をクリックします。

操作の概要

ヒント:

1. パーティションのサイズとディスクの場所を調整する必要がある場合は、「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックしてください。

2. “セクター単位のクローンは、ディスクのすべてのセクタを使用するかどうかにかかわらずコピー先ディスクにコピーするオプションですが、コピー先ディスクのサイズはソースディスク以上でなければなりません。

3. SSDに換装するときは、「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」ことをお勧めします。

ステップ 5: プロセスが完了するのを待ち、「完了」をクリックします。 ディスククローンは、ソースディスクのサイズに応じて数時間かかることがあります。

ご覧のように、AOMEI Backupperを使ってSSDをHDDにクローンすることができます。他にはHDDからSSDにクローンすること、Windows 10を外付けHDDに自動バックアップすること、Clonezillaと代替プログラムを使ってHDDをSSDにクローンすることもできます