SATA-USB変換ケーブルなしでHDDをSSDにクローンする方法

なぜHDDをSSDにクローンする必要がありますか

一般的に、HDD(ハードディスクドライブ)はコンピューターの最も基本的なストレージです。それは磁性体が塗布されている金属製円盤です。回転する時、データは読み込み、書き込みされます。HDDと違って、SSD(ソリッドステートドライブ)は可動部分なくて固体電子メモリーチップによって作成されます。データはそのメモリーチップに保存されるので、SSDにデータを読み込み、書き込みする時プラッタが回転しません。以上のことを考えると、SSDはHDDより速くて良い性能があります。それもSSDにHDDをアップグレードするのに役立ちます。交換を実現するために、USBを介してHDDをSSDにクローンするか、SATA-USB変換ケーブルなしでSSDを二次ディスクとしてHDDをSSDにクローンします。

ケーブルのないクローンの問題と解決案

簡単に言えば、SATA-USB変換ケーブルは外部からPCにドライブを接続できます。ラップトップは1つだけのドライブを含める場合それはとても有用です。SSDにHDDをアップグレードしようとする時、SSDはケーブルなしで接続されないなら、間接的なクローンを作成する必要があります。即ち、既存HDDをバックアップし、古いドライブを取り出します。そしてSSDをインストールし、バックアップイメージをSSDに復元します。しかし、現在のラップトップは既に2つのドライブベイを内蔵しています。それはSSDを二次ディスクとして簡単に追加できます。ケーブルなしでSSDにHDDを直接にクローンできます。そのため、SATA-USB変換ケーブルなしでHDDをSSDにクローンするのは問題ではありません。しかし、このジョブを簡単にするために、AOMEI Backupperを推薦します。

SATA-USB変換ケーブルなしでどのようにHDDをSSDにクローンしますか

SSDにHDDをクローンする前に、最初のところでSSDをPCに接続してください。次はAOMEI Backupperを使用してケーブルなしでHDDをSSDにクローンする方法を紹介します。

ステップ1:AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2:HDDをソースディスク(ディスク0)として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ3:SSDを宛先ディスク(ディスク1)として選択して「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ4:このウィンドウで、操作概要をプレビューできます。そして「開始」をクリックします。

操作概要

ヒント:

1. SSDのパーティションのサイズと場所を調整する必要がある場合、「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックしてください。

2. 「セクター単位のクローン」はオプショナルで、使用されたかどうか関係なくディスクのすべてのセクターをコピーします。でも宛先ディスクのサイズはソースディスクと等しくて、より大きなければなりません。

3. 「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをチェックし、SSDの性能を最適化できます。それを非常に推薦します。

ステップ5:このプロセスが完成する時「完了」をクリックします。ソースディスクのサイズによってディスククローンは数時間がかかります。

完了

AOMEI Backupperは強力なクローンフリーソフトで、32ビット62ビットのWindows XP\Vista\7\8\8.1\10を含むすべてのWindowsエディションをサポートします。ここでは、いくつかのクリックでSATA-USB変換ケーブルなしでHDDをSSDにクローンすることを完成できます。実は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすると、それはディスククローンとパーティションクローンだけでなく、システムクローンもできます。