USBを介してHDDをSSDに正常にクローンする方法

なぜUSBを介してHDDをSSDにクローンするのは良いのですか

ここのUSBはSATA-USB変換アダプタを指します。それはSATAインターフェイスを使用する内蔵デバイス(例え、HDDやSSD)をUSBポートにシンプルに挿入することを通してPCに接続できます。そのため、外部から内蔵HDDの内容にアクセスできます。それはPC災害復旧や他の状況に役立ちます。例えば、

古いHDD(ハードディスクドライブ)をSSD(ソリッドステートドライブ)に置き換えるつもりです。そして、SATA-USB変換アダプタを使用してSSDを外付けUSBドライブとして接続し、USBを介してSSDにHDDをクローンします。クローンが完了した後、内蔵HDDを取り出してSSDでそれを交換します。

しかし、万が一ラップトップのHDDに深刻な故障が発生し、Windowsは起動できなくなる場合どうすればいいですか。ラップトップから古いドライブを外し、新しいSSDをインストールしてそこにWindowsをインストールできます。そしてUSBで障害したHDDを外付けドライブとして接続できます。この状況でドライブは完全に壊れる前にHDDからSSDにファイルをコピーするチャンスがまだあります。

以上の2つの状況を考えてみて、SSDで古いHDDを置き換えるためにUSBを介してSSDにHDDをクローンするのは確かに良い方法です。Windowsは起動できない場合、USBを介してHDDからSSDへのバックアップも良い選択肢です。

USBを介してSSDにHDDをクローンする方法

USBを介してSSDにHDDを正常にクローンするために、AOMEI Backupperを推薦します。それは無料と専門のクローンソフトウェアで、Windows XP\Vista\7\8\8.1\10を含むすべてのWindowsエディションをサポートします。

ステップ1:AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2:HDDをソースディスク(ディスク0)として選択します。「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ3:SSDを宛先ディスク(ディスク1)として選択します。「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ4:このウィンドウで、操作概要をプレビューできます。そして「開始」をクリックします。

操作概要

ヒント:

1. SSDのパーティションサイズと場所を調整する必要がある場合、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードした後「ディスク上のパーティションを編集」は利用可能でオプショナルです。

2. 「セクター単位のクローン」はオプショナルです。使用されたかどうか関係なくディスクのすべてのセクターを宛先ディスクにコピーします。でも宛先ディスクのサイズはソースディスクと等しくて、またはより大きくなければなりません。

3. 「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」は非常に推薦されます。このオプションをチェックしてSSDの性能を最適化します。

ステップ5:プロセスの終了を待っています。そして「完了」をクリックします。ディスククローンはソースディスクのサイズによって数時間がかかります。

完了

ヒント:AOEMI Backupperはまた強力なバックアップソフトウェアです。Windowsが起動できない時、それを使用してUSB経由でHDDからSSDへバックアップできます。これはUSBを介してHDDをSSDにクローンすることのように簡単です。

バックアップ