無料クローンソフトウェアでHDDをOCZのSSDにクローンします

なぜOCZ SSDへのHDDクローンが必要ですか

時間が経つにつれて、コンピューターが遅くなっていきます。ストレージの性能を向上させるために古いHDDを整理する代わりに、HDDをSSDにアップグレードするのは最高のソリューションです。

まず、SSDはHDDより耐久性があります。HDDはメカニカルアームのある回転プラッタにデータを保存してRWヘッドで情報を読み、壊れやすいです。しかし、SSDは回路基板にマウントされたNANDフラッシュの非機械設計を使用します。それは最大1550g/0.5msの衝撃を受けられます。

そして、SSDはHDDより速いです。HDDはその回転なのでデータのアクセスにより長い時間がかかります。SSDは最大100倍の速度があり、ディスク全体のスピードを上げます。

以上の他に、SSDはより信頼性があり、より静かで、より軽くて、より少ない電力を使用します。一言で、SSDは従来のHDDと比べて良い性能があります。日常の計算性能にOCZ SSDは便利をもたらします。

OCZ SSDにHDDをクローンする時、無料クローンソフトウェアAOMEI Backupperが役立ちます。

OCZ SSDへのHDDクローンの方法

クローンの前に:

Windows XPとVistaなど古いOSのHDDと比較した後、SSDのメリットを全面的に知っているはずです。TRIMのような利用可能な機能を使ったらSSDはWindows 7でうまく動作できます。OCZのユーザーフォーラムから、SSDを最適化する方法を見つけることができます。

無料AOMEI Backupperでクローンします:

AOMEI Backupper Standardエディションは無料で、強力なクローンソフトウェアです。クローンが開始する前にパーティションサイズを調整できます。またそれはWindow XP/Vista/7/8/8.1/10を含むすべてのWindowsのエディションをサポートします。

ステップ1: AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、インストールし、起動します。「クローン」タブで「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2: お使いのHDDをソースディスク(ここではディスク0です)として選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ3: OCZのSSDを宛先ディスク(ここではディスク1です)として選択します。そして「次へ」をクリックします。

宛先ディスク

ステップ4: このウィンドウで、操作結果を確認できます。もし、OCZ SSDのパーティションサイズを調整する必要があるなら、「宛先ディスク上のパーティションを編集」をクリックしていいです。また、「セクター単位のクローン」は使用されたかどうか関係なく、すべてのディスクのセクターを宛先ディスクにコピーするオプションです。この場合で、宛先ディスクのサイズはソースディスクと等しいか、またはより大きくなければなりません。ここで「SSDを最適化するにはパーティションを合わせる」は非常に推奨されます。これをチェックして、SSDの性能を最適化します。

操作概要

ポップアップで、3つのオプションがあります:

1. パーティションのサイズを変更せずに、コピー:何の変更をしません。

2. 全てのパーティションをディスクにフィット:全体ディスクに適するために宛先ディスクのパーティションは自動的にリサイズされます。

3. ディスク上のパーティションを編集:スライダーバーをドラッグして、手動でそれらのパーティションを一つずつ調整します。

パーティションを編集

ステップ5: 最後に、「開始」をクリックします。プロセスの終わりを待っています。そして「完了」をクリックします。ソースディスクのサイズによって、ディスククローンは異なる時間がかかります。

AOMEI Backupperは優れたクローンツールです。それを使用して、ディスク、システム、パーティションまたは単一のファイルのバックアップと復元のジョブを実行できます。