PXE Bootを使ってバックアップする方法

PXE Bootを利用するバックアップについて

普通、バックアップと復元(または回復)はよく一緒に言及されることです。バックアップはコンピュータのデータをコピー、アーカイブすることを指すため、データ損失が発生する時、元に回復することに使用されるかもしれません。実は事前にバックアップしたら、いつでも前の時点にデータを復元できます。

PXE(Preboot Execution EnvironmentまたはPre-Execution Environmentの略語)Bootを使って、HDDがなくても、特にシステム復旧用のCD-ROMまたはリムーバブルデバイスがない時、ネットワーク経由でコンピュータを起動できます。

PXEネットワークブートはベアメタルリカバリの2つの使用可能な選択肢の1つです。PXE Bootおよびバックアップソフトウェアを使ってデータセンター全体に自動化された災害復旧とシステム再配置を提供する可能性があります。実は、多くのネットワーク管理者はそうしています。この素晴らしいソリューション(方法)はWindowsおよびLinux両方のベアメタル復元のために適用し、それをより多くのユーザーに共有しようとします。一言でPXEネットワークブートを使用してコンピュータをサーバー環境から起動できます。

今、PXE Bootを使ってバックアップするのアイディアが分かったでしょう。未だなら、心配しないで次の内容を読んでください。

PXE Boot - AOMEI Backupper Professionalでバックアップします

はっきりと説明するために、PXE Bootを使ってバックアップできるツール、およびそれがどのように稼働するかを紹介します。このツールはAOMEI Backupper Professional版です。2014の年末にリリースされた最新版から、それは新しい機能 - AOMEI PXE Boot Toolを備えています。AOMEI Backupperのユーティリティタブでこのツールを次の画面のように見つけることができます。

AOMEI PXE Tool

マスターコンピュータでこのツールを起動してホームページでユーティリティのAOMEI PXE Boot Toolを選択します。そしてどこからブートするかを選択します。「開始」ボタンは黄色になっている時それをクリックしてください。

主なスクリーン

クライアントのBIOSでネットワークブートを最初の起動順位に設定します。画面はDOSインターフェースに移動する時、コンピュータはPXEネットワークから起動することを見られます。ブートするコンピュータは自動的にIPアドレスを得た後、AOMEI Windows PE環境から起動することをただ数分だけ待っている必要があります。

ノート:以上が述べたAOMEI Windows PE環境は1つの状況で、AOMEI Technologyによって開発された他のソフトウェアAOMEI PE Builderを使ってそれを作成できます。他のカスタムバックアップイメージファイルを選択することもできます。

概要

PXE Bootを使ってバックアップするのは概括されることができます。AOMEI Backupperを使ってサーバーコンピュータでオペレーティングシステムをバックアップします。そしてサーバーでAOMEI PXE Boot Toolを実行します。最後はクライアントコンピュータを開いて情報を受け、起動して回復します。

AOMEI Backupper Professionalのおかげで、技術がもたらすもっと楽な生活を楽しむことができます。AOMEI Backupper ProfessionalはPXE Bootの機能を備えて複数のコンピュータ向けのバックアップに役立ちます。それに興味があれば、試してみます。