Windows.oldフォルダをバックアップして以前のWindowsバージョンへダウングレードします

Windows.oldフォルダとは

Windowsの新しいバージョンへアップグレードする時、C:ドライブのルートディレクトリにWindows.oldフォルダを持つことになります。このフォルダはWindowsの古いインストールから全てのデータを含むので、ディスクスペースをたくさん消費します。ファイルエクスプローラーでこのフォルダをアクセスできますし、新しいWindowsインストールにファイルをコピーできます。でも、ここでそれを削除できません。Windows.oldフォルダを削除するために、ディスククリーンアップを使用しなければなりません。現在のWindowsシステムは何か問題が発生し、またはそれに慣れない場合、ディスククリーンアップを使用して、Windows以前のバージョンにシステムを復元できます。

Windows.oldフォルダのバックアップは必要ですか

数日使用しているいくつかのファイルは新しいWindowsインストールにコピーされることができないことを見つけるかもしれないので、古いWindowsのOSを復元したくなくても、Windows.oldフォルダを保管してください。Windows 10は「Windows 7に戻す」や「Windows 8.1に戻す」オプションを提供して、クリックだけで古いシステムを簡単に復元できます。しかし、システムドライブの空きスペースが大切なのに、それは多くのスペースを費やします。Windows 10は、ディスクの空間を解放するために、30日後自動的にWindows.oldフォルダを消します。一ヶ月後、Windows.oldフォルダをまた保つなら、Windows.oldフォルダを使用して、より複雑な方法だけで古いシステムに戻すことができます。最高の選択肢は別の場所にWindows.oldフォルダをバックアップして、そして空間を解放するためにそれを削除する方法です。

フリーウェアでWindows.oldフォルダをバックアップする方法

AOMEI Backupper StandardはWindows 10/8.1/8/7向けのファイル/フォルダ、システム、パーティションとディスクのバックアップに開発されたフリーウェアであります。高度な圧縮機能を利用して、より多くのディスク領域を節約できます。ファイルフィルタを利用して、フォルダをファイルの拡張子ごとバックアップできます。バックアップ暗号化を利用して、データ安全性を維持できます。すごい互換性で、Windowsが検出できる任意の場所にバックアップできます。WindowsバックアップソフトウェアAOMEI Backupperでフォルダバックアップを実行する方法を学びます。

1. AOMEI Backupperをダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 「バックアップ」タブをクリックして、「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

3. 「1」の下で「フォルダを追加」をクリックして、Windows.oldフォルダをバックアップターゲットとして選択します。

フォルダを追加

4. 「2」をクリックして、イメージバックアップを保存する場所を選択します。

場所を選択

5. 「開始」をクリックして、バックアップを実行します。

このバックアップソフトウェアはバックグラウンドでバックアップを実行するので、コンピュータの使用を邪魔しません。このフォルダを使用したい場合、全体フォルダを復元できますし、バックアップからの一部のファイルを復元することもできます。Windows 10へまだアップグレードしないなら、AOMEI Bcakupperを使用して、Windows 10へアップグレードする前に、PCをバックアップします。そして、より簡単な方法でシステムを復元することができます。