windows 7をUSBドライブにバックアップする2つの方法

Windows 7をUSBフラッシュドライブにバックアップするのはいいアイディアです。Windowsのバックアップと復元ツールとAOMEI Backupperソフトウェアの両方ともこのタスクを達成できます。

バックアップについて

Windows 7をUSBフラッシュドライブにバックアップするのは万一に備えていい方法です。システムがクラッシュしたり、ブートできないなどの場合は、バックアップファイルを使って簡単に復元できます。システムのイメージとはシステムドライブを完全にコピーして一つのファイルに格納したものです。システムが一旦エラーが起こり、修復不能になったら、このイメージを持って正確に動作の以前の状態に戻り、つまり復元できることです。

どうやってWindows 7をUSBフラッシュドライブにバックアップします?

バックアップと復元を使い

Windows 7のバックアップと復元ツールは簡単な機能を持ち、第三者のソフトウェアの速さと比べられません。ともかく、このツールで仕事を遂行する3つの手順を紹介します。

まずはバックアップと復元ツールを開き、2つの方法があります:

  • Windowsの検索ボックスにバックアップを入力して、出ていた結果にバックアップと復元をクリックして開きます。
  • スタートメニューにコントロールパネルを開いて、システムとセキュリティ>バックアップと復元

1. 左側のパネルにシステム イメージの作成 をクリックします。

Create Image

2. システムイメージを格納しようとする保存先を選択して(USBフラッシュドライブはHDDの下に表示されます)、次へ をクリックします。

Save Image

次の画面にシステムパーティション以外にもバックアップしたいパーティションをチェックできます。システムパーティションとブートパーティションは既にチェックされ、変更できません。

Select Source

3. 最後の確認画面にバックアップの開始をクリックして作業を実行します。

Confirmation

AOMEI Backupperを使い

AOMEI Backupperは強力かつ便利的にシステム、ディスク、パーティションとファイルをバックアップできます 。復元とクローンももちろんサポートします。その上、他の機能もあり、例えば、ブータブルメディアを作成します。

1. AOMEI Backupper Standardを ダウンロードし、インストールして開きます。バックアップタブの中にシステムバックアップをクリックします。

System Backup

2. バックアップのタスク名を入力して、1のとこるにバックアップ目標のシステムパーティションが既に選択され、2でバックアップ先としてUSBフラッシュドライブを選択します。スケジュールをチェックすると、自動的にバックアップできます。最後に、開始をクリックします。

Set

3. 作業が終わったら、完了をクリックします。

メモ:

バックアップ前に、USBフラッシュドライブを確実にパソコンに接続して、認識されることを確認します。