Windows 7をバックアップして他のコンピューターに復元する方法

いつWindows 7をバックアップして他のコンピューターに復元するのは必要ですか

「私はWindows 7を実行しているPCがあります。このPCからシステムイメージを作成しました。私は異なるマシンにこのシステムイメージをインストールしたいですが、回復コンソールを実行した後エラーメッセージを取得しました。コンピューターが起動できないのは一般的なエラーです。一つのPCにシステムイメージを作成して、全然違うPCにイメージをロードするのは可能ですか。」

これはあるフォーラムから一つのWindows 7ユーザーに聞かれた質問です。再インストールを防ぐために、Windows 7バックアップが欲しくて、異なるハードウェアやドライブを持つ他のPCに復元したいユーザーにとって、同じ問題があります。しかし、他の理由があるかもしれません。例えば、妻の前のWindows OSが壊れて、自分のよく働くWindows 7をバックアップし、それを妻のPCに復元したいです。Windows 7の完全な複製をベアマシンに配置してみることです。以上のどちらの状況は、Windows 7をバックアップして異なるコンピューターに復元する方法を学ぶことが必要です。任意の変更を実行する前に、ファイルバックアップを常に覚えるのは大事なことです。

異なるPCにWindows 7バックアップを復元するのを実現する方法

どんな計画を実行するつもりでも、まずWindows 7オペレーティングシステムをバックアップするのは必要です。Windows 7の「バックアップと復元」の助けを借りて、このジョブを完成できます。もし、内蔵のツールは失敗するなら、Windows 7の「バックアップと復元」の代替品を参照できます。

Windows 7のシステムイメージは、Windowsを含むWindowsドライブ、プログラム、すべてのデータのコピーを含みます。時には、Windowsはバージョンと、新しいマシンと古いマシンとの違いいかんでシステムイメージから回復できます。でも、ほとんどの時間で、Microsoftは一つのPCから他のにシステムイメージを移動することをサポートしません。

Windows 7の転送について、Microsoftから「イメージングやハード ディスクの複製など、Windowsイメージを新しいコンピュータに移行するいずれの方法を使用した場合でも、sysprep /generalize コマンドを実行して準備を行う必要があります。sysprep /generalize を実行せずに、別のコンピュータに Windows イメージを移行またはコピーすることはサポートされていません。 」の警告があります。それに、Windowsのアップグレードとインストールの修理はsysprepを利用できないことも述べます。Googleでsysprep /generalize コマンドを使用する方法を学ぶことができます。

複雑なコマンドラインを使用して、Windows 7をバックアップし、異なるコンピューターに復元するより、他の代替ソリューションがあります。専門バックアップと復元ソフトウェアを使用して、このタスクを完成できます。そのため、ウェブサイトで検索したら、多くのソフトウェアを得ることができますが、AOMEI Backupper Standardはそのチュートリアルなので非常に推薦されます。第一、AOMEI Backupper Standardは異なるハードウェアの復元をサポートする技術的なソフトウェアであり、自動的に紛失したドライブを検出して、それらをインストールします。また、それは小さなインストールパッケージをもたらすアドウェアやバンドルソフトを持っていません。更に、それはWindowsユーザーの各レベルに適用したユーザーフレンドリーなインターフェイスがあります。ただ数回のクリックでWindows 7をバックアップして、他のコンピューターに復元できます。今、このソフトウェアをダウンロードして、具体的な手順を見てみましょう。

AOMEI BackupperでWindows 7バックアップイメージを他のコンピューターに復元します

準備:AOMEI Backupperを使用して、Windows 7のバックアップイメージを準備する必要があります。ターゲットコンピューターは正常に起動できない場合、ブータブルメディアを作成して、それにバックアップイメージを置く必要があります。そして、それを利用してコンピューターを起動します。もし、ターゲットコンピューターは正常に起動する場合、まずWindows 7バックアップイメージをターゲットコンピューターにコピーして、次の手順に従ってください。

ステップ1.AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。「復元」をクリックします。このソフトウェアは自動的にバックアップイメージを検出するので、直接にバックアップポイントを選択できます。または、パスをブラウズすることを選択して、イメージファイルを選択できます。ファイルからデータを復元できます。

システム復元

ステップ2.「はい」をクリックします。

はいクリック

ステップ3.バックアップポイントを選択して、「次へ」をクリックします。

バックアップポイント

ステップ4.操作概要を確認して、「開始」をクリックします。

開始

ノート:

  • このプログラムは、ターゲットコンピューターのハードウェアがソースコンピューターと違うことを検出すると、「ユニバーサル復元を有効にする」オプションはデフォルトでチェックされます。
  • 宛先ディスク/パーティションは上書きされます。重要な情報がある場合、ディスク/パーティションをバックアップすることを確認してください。
  • ビデオ/サウンドカードドライバ、NICドライバ、ディスプレイドライバなどのドライブはAOMEIのユニバーサル復元によってインストールされません。それらはシステム起動に影響を与えずに、復元が成功した後、Windowsで手動でインストールされることができます。

Windows 7をバックアップして、他のコンピューターに復元するのは可能ですか。最初の問題の答えははいです。AOMEI Backupperを使用して、異なるハードウェアにWindows 10バックアップを復元できます。実は、異なるハードウェアの復元の他に、AOMEI Backupper Standardは他の有用な機能を沢山持っています。例えば、システムバックアップ、システムクローン、ディスクバックアップ、ディスククローンです。最も重要なことはこのソフトウェアを利用して、破損したHDDからデータをバックアップできることです。