USBメモリ挿入時に自動バックアップを行う

USBメモリをPCに挿入すると自動バックアップを実行する方法が知りたいですか?この記事を読んで、USBメモリ挿入でファイルやフォルダを自動でバックアップする簡単な方法について学びましょう!

USB挿入時にバックアップを自動で行う必要さ

  • 事例:

    私は、16GBのキングストン(Kingston)をパソコンに挿入することでUSBのメモリデータを自動的にバックアップしようと思います。

    私のUSBメモリには貴重なファイルやフォルダが含まれてるので、その中のデータを決して失うことがありません。データの安全性を確かめるために、USBメモリ挿入のたびにバックアップを自動で実行すれば、なんと便利で素晴らしいことでしょう!

    インターネットで調べてみたら、Windowsのタスクスケジューラまたはrobocopyコマンドを利用してこの問題を解決できますが、パソコン操作に不慣れなユーザにとってはこれは非常にわかりにくい方法です。

    USBメモリをパソコンに挿入すると、バックアップを自動的に行う簡単な方法がありますか?

ファイルを1つのコンピュータから別のコンピュータへ転送する時にSamsung(サムスン)、Toshiba(東芝)、SanDisk(サンディスク)、Lexar(レキサー)およびSony(ソニー)などのミニUSBメモリは役立ちます。

ノートPCとデスクトップPC間でファイルを定期的に転送する方法

これらのUSBは小型・軽量というメリットがあるので、持ち運びやすいです。日常的にUSBメモリを持ち歩いている人も少なくありません。一方で潜在的な危険性を生み出す可能性があります。以下に挙げる2つの理由で、多くのユーザーは常にUSBメモリ内のデータをバックアップしようとします。

  • ●USBメモリがは壊れやすい:容量(またはサイズ)とブランドを問わず、USBメモリを頻繁に差し込んだり、取り外したりする必要があるので、脆弱で故障しやすくなります。

  • ●スティック型USBを落としやすい:大事なUSBメモリをポケットから落としたり、帰り道で落としたり、目立たない場所に落とすことがよくあるでしょう。USBメモリは小さいので、見つけ出しにくいです。紛失後、USBメモリ内のデータを失う可能性が高いです。

  • しかし、USBメモリを使う前に毎回バックアップを取っておくこと覚えられるわけではありません。そのため、いつもUSBメモリ内のデータを安全に保つために、USBメモリをパソコンに挿入する時に、ファイルやフォルダを自動的にバックアップしたほうがいいです。

    USB挿入で自動バックアップを行うツール

    AOMEI Backupper Professionalは簡単に使えるPCバックアップソフトで、USB挿入による自動バックアップ機能を提供します。絶対オススメ!~

    手順を簡単にいうと、バックアップタスクを作成し、バックアップする必要があるファイルを指定し、「スケジュール」から「USB挿入」オプションを選択すれば完了です。こうすると、USBメモリをパソコンに接続したら、自動で設定したタスクを安全に実行させることができます。かなりシンプルな方法でしょう。

    バックアップタスクのほかに、このソフトの「同期」機能を使ってUSB挿入時にメモリ内のデータを自動で同期させることもできます。同期とバックアップとの大きな違いは、同期後のファイルが直接使えることです。使用頻度が高いファイルをコピーする場合、自動同期をお勧めします。でも、大切なデータにさらなる保護層を追加する場合、自動バックアップはより良い選択です。

    ※体験・大歓迎※AOMEI Backupper Pro版はWindows 10、8/8.1、7、XP、Vistaに対応します。購入前にその30日間無料版をダウンロードして体験することを歓迎します!無料体験

    USB挿入時に自動バックアップを実行する方法

    毎回対象USBメモリがパソコンと接続された時、Windowsによって正しく認識されるように、一度USBメモリに一つのドライブ文字を指定しておけば永久にそのドライブ文字になっていれば良いです。ドライブ文字(ドライブレター)の変更・割り当て方法

    • 手順 1. まずは、ドライブ文字が割り当てられていたUSBメモリをお使いのパソコンに挿す必要があります。後は、下記の手順に従って、USBを挿入することでUSBメモリ内のファイルをコンピュータに自動コピーする方法を学びましょう。

    • 手順 2. AOMEI Backupper Professionalをインストールして起動します。「バックアップ」タブ⇒「ファイルバックアップ」をクリックします。ファイルバックアップ

    • 手順 3. 他のタスクと区別するためにこのファイルバックアップの「タスク名」を編集できます。「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックし、バックアップしたいUSB内のデータ(ファイルやフォルダ)を見つけて選択します。ファイルを追加

    • 【ヒント】:
      ●一つ以上のファイルやフォルダを追加できます。
      フィルタオプションをクリックして選択されたフォルダからバックアップしたくないファイルを除外できます。【xcopyの使い方】コピーから特定のファイル/フォルダを除外フィルタオプション

    • 手順 4. バックアップイメージを保存する場所(バックアップ先)を選択します。ローカルドライブのほかに、ネットワーク共有フォルダやクラウドなどもサポートされています。バックアップ先

    • 手順 5. 画面底部の「スケジュール」をクリックし、ポップアウトウィンドウが現れるので「普通」タブにあるドロップダウンリストから「USB挿入」を選択します。USB挿入

    • 【ヒント】:
      ●毎日USBメモリをよく挿入したり、抜いたりする場合、「毎日一度に実行します」チェックボックスにチェックを入れて、このソフトに設定したバックアップタスクを一日に一度だけ実行させることができます。毎日一度に実行
      ●このポップアウトウィンドウの「詳細」タブでバックアップの種類(フル差分または増分)を選択できます。増分バックアップはデフォルトで選択されます。増分バックアップ

    • 手順 6. 「開始」をクリックし、「スケジュールを追加して今すぐバックアップ」または「スケジュールを追加」を選択できます。開始

    【ヒント】:
    ●USBメモリを挿入するたびにUSB内のファイルをコンピュータに自動バックアップ、同期することだけでなく、USB挿入時にコンピュータ上のファイルをUSBメモリに自動バックアップ、同期することも設定できます。
    ●「オプション」をクリックしたら、バックアップイメージの暗号化、圧縮、分割などもできます。
    ●「スキーム」をクリックしたら、バックアップ用のスペースを節約するために、古いバックアップを自動的に削除できます。
    ●「ホーム」タブで全てのタスクをまとめて管理できます。ホーム

    これで、次回USBメモリを挿入したら、AOMEI Backupper Professionalは自動的にファイルバックアップタスクを実行します。一度の苦労で永遠に楽をすることができます!~

    まとめ

    ご覧のように、ごくシンプルな手順でUSBメモリ挿入時に自動バックアップを行うことが実現できます。すると、データの紛失について何も心配することはありません。必要があれば、「スケジュール」機能についてもっと詳しい情報!!

    バックアップソフトのほか、AOMEI BackupperはアップグレードやバックアップのためにブータブルUSBを作成したり、クローンしたりすることもできます。目的を達した後、コンピュータをうまく保護するためにAOMEI Backupperがはそのままパソコンに残ったほうがいいと思います。Windows 7でブータブルUSBドライブをクローンする最も速い方法