AOMEI Backupperで外付けHDDにバックアップする方法

外付けHDDへバックアップすることのベーシック情報

外付けHDDへのバックアップ操作を完了するには、まず外付けハードディスクのことを知る必要があります。外付けハードディスクは、大量のデータをバックアップする最も速く、最も簡単な方法であると考えられてきたストレージデバイスです。通常、ハードディスクがUSBポートを介してコンピュータに接続されています。

外付けハードディスクへのバックアップは、別の外付けハードディスクにハード・ディスク・ドライブ、システムまたはパーティションをバックアップする意味です。AOMEI Backupper は、四つのバックアップオプションを提供します:システムバックアップ、ディスクバックアップ、システムバックアップそれにファイルバックアップ。任意のバックアップモードを使用して、ローカルディスクのパーティション、外付けHDD、またはNASなどのネットワークにバックアップイメージファイルを作成することができます。この操作を処理するには、事前にお使いのコンピュータにHDDをプラグインする必要があります。

外付けHDDにバックアップする詳細手順

実際には、外付けハードディスクへのバックアップ手順がローカルへのバックアップ手順と同じです。唯一の違いは、宛先パスです。外付けHDDへバックアップを作成するには、まずバックアップタスクを作成する必要があります。そして、AOMEI Backupperが四つのバックアップタイプを提供いしています:ディスクバックアップパーティションバックアップシステムバックアップそれにファイルバックアップ

三つのオプション

どのように外付けハードディスクにバックアップしますか?ここでは、パーティションバックアップを例とします:

ヒント:操作を実行する前に、コンピューターに外付HDDを挿入してください。

  • ステップ 1: 「バックアップ」をクリックして「パーティションバックアップ」を選択します。
    パーティションバックアップ
  • ステップ 2: オプション「1」をクリックしてバックアップするソースパーティションを選択します。
  • ソースパーティション
  • ステップ3: オプション「2」をクリックして外付けHDDを選択します。
  • 宛先パーティション
  • ステップ4: 「開始」をクリックします。
  • 開始

要約するに、外付けHDDにバックアップするには、2つの前提条件が満たさなければなりません。つまり、通常の外付けHDDと強力なバックアップソフトウェアです。また、操作を実行する前に、その外付けHDDの容量はソースパーティションの容量より大きくしなければなりません。