(無料)Windows 7/8/10で外付けHDDにバックアップする方法

コンピュータユーザーにとって、バックアップは重要なことである

1つのハードドライブにすべてのデータを保存することは危険です。時間が経つにつれて、ラップトップの盗難、予期外の削除、自然災害なんての状況でハードディスク上のデータが失われます。事故が起こったら、予め外付けHDDにバックアップしていない限り、データは永久に失われます。逆に、事前に外付けハードディスクにデータを保存すれば、データを復元できます。したがって、外付けHDDへのバックアップはパソコンユーザーにとって非常に重要です。

バックアップイメージはどこに保存する?

バックアップイメージを保存できる場所はたくさんあります。例えば、他のローカルパーティション、他の異なるハードドライブ(HDD)、NAS(ネットワーク付きのストレージ)上の共有、外付けハードドライブなど。データの安全性を確保するには、別の場所にある別のHDDにバックアップを保存するほうがよいでしょう。外付けハードドライブは、コンピュータから分離されていて、コンピュータから発生するトラブルからの影響を与えないので、最適な保存場所であると考えられています。したがって、外付けHDDへのバックアップはデータのセキュリティを保つ最良の方法です。

外付けHDDにバックアップする方法

では、外付けHDDにバックアップする方法は何ですか?便利で安全のため、次のスクリーンショットが示すように、システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイルバックアップの4種類のバックアップを含む無料のバックアップソフトウェア――AOMEI Backupper Standardを心からお勧めします。 要件に応じていずれも選択できます。

Main Interface

どちらのバックアップにしても、ソースファイルと宛先場所を選択するページが表示されます。外付けハードドライブにバックアップするには、事前に準備した外付けハードドライブを選択してバックアップを保存します。ディスクバックアップのこのページを例にして説明します。[ステップ1]をクリックしてソースディスクを選択し、[ステップ2]をクリックして外付けハードドライブを宛先場所として選択します。

Backup

注:

バックアップオプションでは、コメントの追加、圧縮の設定などのバックアップについての詳細を設定できます。

スケジュール機能外付けハードドライブへの自動バックアップを提供します。チェックボックスをオンにすると、スケジュールバックアップを設定できます。

バックアップに関するすべての設定が完了したら、 [開始]をクリックして始めます。完了したら、[完了] をクリックして終了します。

コンピュータユーザーはハードドライブに多様のデータを保存しています。システムをバックアップするか、ハードドライブ上のすべてのデータをバックアップするか、パーティションを1つだけバックアップするか、ファイルとフォルダのみを外付けHDDにバックアップするップするか、ファイルとフォルダのみを外付けHDDにバックアップする場合があるでしょう。こんな状況ではすべての要求を満たすソフト――AOMEI Backupperは最良のツールです。さらに、これはWindowsのPCオペレーティングシステム向けの無料ソフトのため、Windows10/8/7で外付けHDDにデータをバックアップすることができます。このフリーウェアをダウンロードしてWindowsのバックアップを行ってみてください。