Windows 10/8/7でPCをGoogleドライブへバックアップします

バックアップ向けのGoogleドライブ

GoogleドライブはGoogleによって提供されたオンラインファイルストレージサービスであり、ファイルを保存したり、インターネットに接続したらどこでも任意のデバイスからファイルをアクセスしたりできます。誰でも無料アカウントを登録し、15GBのみ記憶容量を取得できます。この15GBの無料クラウドストレージを利用して、バックアップファイルを含む全てのファイルを保存できます。他のオンラインバックアップサービスのように、ローカルHDDへのバックアップより、PCをGoogleドライブにバックアップするのは多い利点があります。例えば、バックアップドライブとしての他のHDDを準備する必要がありません。インターネット接続は全ての必要です。より重要なことは、コンピューターのハードウェアに障害が発生しても他のデバイスからバックアップファイルをアクセスすることもできることです。

新しいGoogleドライブデスクトップアプリを設定します

PCバックアップについて、このデスクトップアプリケーションをダウンロードできます。ローカルドライブにGoogleドライブの同期フォルダを設定します。そして、バックアップを行えます。無料バックアップソフトウェアを使用して、Googleドライブフォルダへ自動バックアップを設定できます。これらのファイルは自動的にGoogleドライブフォルダへ同期されます。次の手順に従って、同期フォルダを設定します。

1. Googleドライブの公式サイトに行きます。Googleドライブ(Gmail)のアカウントでログインしてください。

2. PCアプリケーション向けのGoogleドライブをダウンロードして、インストールします。

3. このアプリケーションはデフォルトで「C:\Users\Google Drive」というフォルダを作成して、Googleドライブと同期させます。他の場所を変更することもできます。

Googleドライブへコンピューターをバックアップする方法

一部のファイルをGoogleドライブ同期フォルダにシンプルにコピーできますが、より安全かつ便利なバックアップソリューションが欲しいなら、フリーソフトAOMEI Backupper Standardを使用できます。それは一度またはスケジュール/自動のバックアップを作成できます。更に、それは増分バックアップと差分バックアップをサポートします。

AOMEI BackupperでGoogleドライブへバックアップします:

1. コンピューターにこの無料バックアップソフトウェアをダウンロードして、実行します。

2. ホームページで、「新規作成」または「バックアップ」タブをクリックします。もし、クラウドドライブは十分な容量があるなら「システムバックアップ」、「ディスクバックアップ」または「パーティションバックアップ」も選択できます。

ファイルバックアップ

3. 次のページで「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいデータを選択します。

ファイルを追加

4. 「2」をクリックして、バックアップを保存するためにGoogleドライブフォルダを宛先場所として指定します。

ステップ2

5. Googleドライブへ自動バックアップを作成したい場合、「スケジュール」をクリックして、スケジュールを設定します。そして、このバックアップを自動的に、しきりに実行します。設定が終わったら、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

開始

バックアップが完了すると、短い時間でバックアップが自動的にGoogleドライブに同期されます。AOMEI Backupperで、GoogleドライブにPCをバックアップする代わりに、ファイル同期の機能を使用して、二つのフォルダを同期することもできます。