Windows 10/8/7でPCをDropBoxに無料でバックアップします

バックアップファイルをどこへ保存しますか

予想外のことでデータ損失を起こすことに備え、バックアップの作成は不可避です。バックアップをシステムが存在しない他の場所に保持するのは重要です。そのため、多くの人は余分のHDD、外付けドライブ、NASデバイスまたは他のストレージデバイスを購入しました。それらをバックアップドライブとして使用します。現在なら、多くのクラウドストレージサービスは推薦され、それらの一部は完全無料です。外付けHDDへのバックアップじゃなく、バックアップをクラウドドライブに保存することを考慮するべきです。DropBoxは最も人気があるクラウドドライブの1つで、無料サービスと有料サービス両方を提供します。クラウドバックアップを行いたい場合、DropBoxサービスを選択してPCをDropBoxにバックアップできます。クラウドドライブにバックアップを保存する利点の1つは任意のデバイスでもバックアップにアクセスできることです。そのため、元のハードウェアが完全に故障した場合、インターネットに接続するかぎりバックアップをまだ取得できます。

バックアップ用のDropBox

他のクラウドサービスと同じように、DropBoxはオンラインストレージおよびバックアップと違うファイル同期だけを提供します。もしDropBoxクラウドドライブにイメージバックアップを保存したいなら、無料バックアップソフトAOMEI Backupper Standardの助けを借りてそれを実現できます。このソフトウェアはWindows 10/8/7で定期的なスケジュールバックアップおよびイベントトリガーバックアップをサポートします。また、増分バックアップと差分バックアップは利用可能です。DropBoxにバックアップを行うために、AOMEI Backupperを使用してローカルのDropBox同期フォルダにスケジュールバックアップを設定でき、そしてイメージバックアップは自動的にDropBoxドライブに同期されます。

DropBoxにバックアップする方法

DropBoxにコンピューターをバックアップするために、DropBoxデスクトップアプリケーションがない場合まずコンピューターにそれをダウンロードし、インストールする必要があります。バックアップを最新の状態に保つために、スケジュールバックアップを作成したほうがいいです。

DropBox自動バックアップを作成します:

1. AOMEI Backupperをダウンロードし、インストールして起動します。

2. ホームスクリーンで「バックアップ」の「ファイルバックアップ」を選択します。好きなら「システムバックアップ」、「ディスクバックアップ」または「パーティションバックアップ」を実行することもできます。

ファイルバックアップ

3. 次のページで、「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックしてバックアップに含みたいフォルダやファイルを選択できます。

フォルダを追加

4. 「2」ボックスでローカルのDropBoxフォルダをバックアップターゲットとして指定します。

ステップ2

5. 「スケジュール」をクリックし、バックアップがいつ自動的に実行されたいかを決めます。また、増分バックアップ、差分バックアップまたはフルバックアップを実行することも決められます。

スケジュールバックアップ

6. バックアップスクリーンに戻し、「オプション」をクリックしてより多いオプションを表示できます。その後、「開始」をクリックしてバックアップを始めます。

開始

通常にバックアップに大量のデータを含まないかぎり、それは迅速に完了します。しばらくイメージバックアップは自動的にDropBoxクラウドに同期されます。ソースフォルダの一部の特定のファイルを排除したい場合、AOMEI Backupper Professionalエディションを試すことができます。DropBoxにPCをバックアップする機能の他にAOMEI Backupperはファイル同期もサポートしてデータを保護できます。