1台の外付けHDDに複数PCを自動バックアップする最良の方法

この記事では、2つ以上のPCを1つのUSBタイプの外付けHDDにWindowsでバックアップする方法を段階的に示しています。

どうして1台の外付けHDDに複数PCをバックアップするのですか

今日では、一つの家族は、通常、異なる用途のために複数PCを保持しています。各コンピュータには、バックアップが必要な重要なデータが格納されています。災害が発生した場合、データを復元する方法があります。さて、多くのデバイスをバックアップストレージとして使用することができます。なぜ外付けHDDをターゲットパスとして選択するのですか。

一般に、外付けHDDを購入していないユーザーは、これらのコンピュータをクラウドストレージやNASなどの他のストレージにバックアップすると思うことがあります。確かに、これらの2つは、大規模なコンピュータのバックアップに悪い選択肢ではありません。しかし、外付けHDDと比較して、注意点が2つあります。1つはバックアップ速度です。特に大容量のファイルをクラウドにバックアップするには、多くの時間がかかります。もう一つは保管価格です。ほとんどの家庭では、家庭用コンピュータのバックアップ用にNASを購入するのはちょっと無駄です。オフィスバックアップの場合、それは悪い選択ではありません。

外付けHDDは、最適なオプションのバックアップストレージの中でランク付けされています。携帯性のため持ち運びが容易です。1TBまたは2TBの容量の外付けHDDは、ほとんどのPCユーザーにとって手頃な価格です。1台のパソコンを外付けHDDにバックアップするのは非常に簡単なので、コンピュータと同数の外付けHDDを購入する傾向があるユーザーはあります。十分な予算がある限り、各PCに1台の外付けHDDを装備することは許容されます。しかし、共通の視点からすれば、それはコストがかかり、ある程度管理するのが難しいです。今では複数PCを1台の外付けHDDにクローンすることができるなのに、どうして利用しませんでしたか。では、1台の外付けHDDに複数PCをクローンする方法を詳しく説明します。

1台の外付けHDDに複数PCをバックアップする方法はなんですか

バックアップ用のストレージとして使用する外付けHDDは、少なくともバックアップするすべてのファイルを格納するのに十分な大きさでなければならないことが重要です。

違う外付けHDDを購入すると、ソリューションが違います。例えば、市販されているネットワークタイプでは外付けHDDとUSBタイプの外付けHDDがあります。Seagate FreeAgentのようなネットワークタイプの外外付けHDDには、バックアップソフトウェアがバンドルされています。これにより、ユーザーは唯一のコンピュータ名を持つ複数PCをHDDの別々のディレクトリにバックアップできます。各ディレクトリの名前は、各コンピュータの名前の後に付けられます。また、あなたがバックアップを行うためのチュートリアルを持っています。このようなバックアップソリューションは本当に多くの助けになりますが、ほとんどの場合、ソフトウェアライセンスなどが必要です。

他のUSBタイプの外付けHDDは、私たちの日常生活において最も一般的なものです。 それは、USBケーブルとUSBポートを介して任意のコンピュータに接続することができます。このタイプの外付けHDDの欠点は、一度に1台のコンピュータにしか接続できないことです。明らかに、すべてのコンピュータのファイルのバックアップ記憶域にする方法を見つける必要があります。

Windows 7で2台のコンピュータを1台の外付けHDDに自動バックアップする手順

低技術の方法は、外付けHDD上の各コンピュータのサブフォルダを作成し、それを1台のコンピュータに接続し、対応するサブフォルダにバックアップすることです。数日おきにコンピュータ間で外部を行き来し続けるので、バックアップの機会が得られます。これは最も簡単な方法ですが、より多くの時間と労力がかかりです。

これらのコンピュータがすべてLANの同じセグメントにあり、下の図のようなネットワークで相互に「見る」ことができれば、より良いものになります。LAN内のすべてのコンピュータで使用可能なネットワーク共有として外付けHDDを設定できます。次に、AOMEI Backupper Professionalのようなバックアップユーティリティを選択して、コンピュータをネットワークの場所にバックアップします。バックアップシステム、ディスク全体、および単一のファイルを外付けHDDに保存できます。ファイルの同期も可能です。簡単だと思わない。では、その簡単な手順を学んでください。

コンピュータネットワーク

1. まず、外付けHDDをパソコンの1台に接続します。新しいHDDの場合は、HDDをフォーマットする必要があります。Windowsエクスプローラで外付けHDDを見つけ、各パソコンに複数のフォルダを作成し、パソコンの名前または番号の後にフォルダの名前を付けることができます。

フォルダを作成

2. Windowsエクスプローラで、バックアップドライブを右クリックし、「プロパティ」>「共有」を選択します。あなたはネットワークパスの下で共有されていないことが分かります。「詳細共有」をクリックし、ポップアップウィンドウで「このフォルダを共有する」チェックボックスをオンにします。ここにコメントを入力できます。必ず 「権限」をクリックしてください。

詳細共有

3. 「許可」]ダイアログで、[フルコントロール]「変更」「読み取り」すべてに「許可」になっていることを確認します。次に、「適用」をクリックして変更を保存します。

許可

4. この例では、「プロパティ」ウィンドウに戻り、このドライブのネットワークパスが下の図のようにに示しています。それが後で必要になるので、注意してください。

ネットワークパス

注意: この操作により、ローカルネットワーク上のどのマシンでも、このドライブへのフルアクセスが可能になります(たとえば、読み書きが可能)。接続されているマシンのセキュリティソフトウェアによって保護されていますが、それでもルータのファイアウォールの背後にあるため、インターネットからアクセスできません。

5. 両方のコンピュータにAOMEI Backupperをダウンロード、インストール、実行します。1台の外付けHDDに複数PCをクローンするには、以下の手順に従ってください。 たとえば、「ファイルバックアップ」をクリックします。 「ファイルの追加」 または 「フォルダの追加」 を使用してバックアップするファイルとフォルダを選択し、次にクリックしてネットワークパスを選択します。

ネットワーク共有またはNASを選択

6. このページで、「share/NASデバイスを追加」をクリックし、前述のネットワークパスを入力してバックアップフォルダを開きます。

共有またはNASデバイスの追加

7. 「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週、毎月、およびイベントトリガーで定期バックアップと自動バックアップを設定します。最後に、 「開始」をクリックしてバックアップを実行します。

スケジュール設定

重要: 共有後に外付けHDDを抜き差しした場合、ドライブ文字を別のドライブ文字に割り当てることができます。これにより、バックアップ先のパスにアクセスできなくなり、無効になりますことが注意してください。

ヒント:

  • バックアップオプションで保護された電子メール通知とパスワードを設定できます。

  • 「スキーム」 を使用すると、古いバックアップを自動削除することによって宛先ストレージを管理できます。

  • Sシステムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル同期も利用できます。

  • フォローアップバックアップ作業は、AOMEI Backupperに比べて限られた機能を提供するWindowsのバックアップと復元を使用して行うこともできます。

概要

1台の外付けHDDに複数PCをバックアップすることはできますか?このチュートリアルの後に質問の答えを持っていたと確信しています。これまでに説明したように、多くのソリューションが目標に到達するのに役立ちます。最も適したソリューションを選択してください。この例のバックアップソフトウェアには、同じWindowsオペレーティングシステムの外付けHDDに複数のPCをバックアップする機能もあります。このツールをダウンロードして(Windows 10,8 / 8.1,7、XP、Vista互換)、さらに詳しく知りたい場合があります。