Windowsが起動せずにHDDをバックアップする最高の方法

なぜWindowsが起動せずにHDDをバックアップしますか

人々は日常の生活で無数のコンピューターの問題に遭うかもしれません。例えば、HDD故障、起動問題、システムイメージの作成、外付けHDDへPCのバックアップ、SSDへOSの移動です。それらの一部はシステムの保守作業ですが、他のはコンピューターの使用に影響を与えます。起動失敗の問題に遭うなら、どうすればいいですか。OSの再インストールは確かにOSを再構築できますが、古いOS上に保存された写真、ドキュメント、ビジネス契約と電子メールはどうしますか。それらをバックアップする方法を見つける必要があります。

OSが正常に起動できる状況で、すべてのシステムプログラムを閉じる時、HDDのバックアップはより速いのでOSなしでHDDのバックアップもしたいかもしれません。起動システムなしでHDDをバックアップする理由はいくつかがあります。それらの一つを満たすと、WindowsなしでHDDをバックアップする方法を学ぶ必要があります。

WindowsなしでHDDをバックアップする方法

一般的に、この目標を達成する方法は2つあります。コマンドラインプロンプト、インストールディスクまたはブータブルメディアを使用してOSなしでHDDをバックアップできます。実はコマンドラインプロンプトを使用して、HDDをバックアップするのは普通のユーザーにとって適合しません。それはコンピューターの知識と慎重を必要とします。

インストールディスクでHDDをバックアップします

最初、インストールディスク(Windows 7を例とします)を挿入して、「CD/DVDから起動するには何かキーを押してください」というメッセージを見られます。そして、任意のキーを押します。

第二、インストールディスクに入った後、「今すぐインストール」をクリックしないでください。「以前に作成したシステムイメージを使って、 コンピューターを復元します」をクリックして、「次へ」→「キャンセル」→「キャンセル」をクリックします。今、「システム回復オプション」の窓を見られます。他のプログラムを起動するのに使用された「コマンドプロンプト」を選択します。

第三、「notepad」を入力して、「Enter」を押します。そして、「開く」をクリックして、下部の「ファイルの種類」の隣にあるボックスの中で「すべてのファイル」を選択します。

最後、「コンピューター」をクリックして、気になるファイルをコピー、貼り付けることができます。

もし、インストールディスクを持っていない場合、USBあるいは他のディスクを利用して、ブータブルディスクを作成する必要があります。また全体ディスクをバックアップする代わりに、この方法はファイルだけをコピーできます。AOMEI Backupper Standardでブータブルメディアを作成してみます。それは附属されたアドウェアなしでWindows 7/8/10のために無料です。それに、ユーザーフレンドリーなインターフェイスがあります。それは他の場所にISOファイルを輸出するだけでなく、CD/DVDにWindows PEイメージを焼くことをサポートします。必要なら、それをダウンロードして、ブータブルメディアを作成します。

AOMEI BackupperでOSなしでHDDをバックアップする手順

ノート:コンピューターにUSBドライブまたはディスクを接続します。お使いのコンピューターは起動できない場合、他のよく作業するPCに次の操作を完成します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして、起動します。「ユーティリティ」→「ブータブルメディアの作成」をクリックします。

ブータブルメディアの作成

ステップ 2. 「Windows PE-Windows PE基づいてブータブルメディアを作成」を選択します。そして、AOMEI BackupperはWindows AIKをインストールする必要があるかどうかを検出します。Windows XPまたはVistaを実行しているほとんどの場合、このToolkitをインストールする必要があります。もし、それがない場合まずインストールしてください。

windows pe

ステップ 3. ブータブルメディア、USBドライブあるいはディスクを選択します。「次へ」をクリックして、プロセスが完了することを待っています。それはまずUSBドライブをフォーマットして、そして操作を実行します。

usbブートデバイス

ステップ 4. それは完了した後、ブータブルデバイスをプラグから抜きます。それをバックアップしたいHDDを含むPCに挿入します。ブータブルデバイスを使用して、直接にPCを起動します。あるいは、BIOSに入って、起動順位を変更して、コンピューターを起動します。AOMEI Backupper Standardは自動的に起動します。「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 5. バックアップの必要があるディスクを追加します。

ディスク選択

ステップ 6. バックアップを保存する場所を選択します。USBドライブにバックアップを保存できます。「開始」をクリックします。

開始

AOMEI Backupper Standardを使用して、起動WindowsなしでHDDをバックアップするのはとても役立ちます。特に、OSが失敗する時。実は、ブータブルUSBを作成して、それを放って置いてもいいです。必要な時、それを使用すればいいです。OSなしでHDDをバックアップしたいたびに、最後の3つの手順だけが必要です。

スクリーンショットからAOMEI Backupper Standardは沢山の機能を持つことを見つけます。例えば、ディスククローン、SSDへCドライブの移動、増分と差分バックアップ、スケジュールバックアップ、ファイル同期などです。