Windows 10/8/7でフォーマットの前にHDDをバックアップします

HDDバックアップの作成が必要です

現在のWindows PCは深刻な問題がある場合、コンピューターのHDDを再フォーマットしたり、Windowsを再インストールしたりすることを考えるかもしれません。このように、全てのソフトウェアの問題を修正できます。しかし、ご存知のように、コンピューターの再フォーマットはHDD上のデータを全て削除するので、フォーマットの前にHDDをバックアップする必要があります。HDDのバックアップはバックアップから一部のファイル、システムを復元できます。そのため、クリーンインストール後または工場出荷時に戻した後、バックアップから必要なファイルを復元できます。

Windows 10/8/7でフォーマットの前にデータをバックアップします

コンピューターHDDをバックアップするために、まずWindowsの内蔵ツール「バックアップと復元」が利用可能であるならそれを使用できます。Windowsのバックアップを開くために、検索ボックスに「バックアップ」を入力して、Windows 7である場合「バックアップと復元」を選択し、Windows 10である場合「バックアップと復元(Windows 7)」を選択します。「バックアップと復元」のスクリーンで「バックアップの設定」をクリックして、バックアップの設定のウィザードに従って、HDDのフォーマットの前にバックアップを行います。

バックアップと復元

Windows 8に「Windows 7のファイルの回復」というバックアップ機能もあります。それはWindows 7上の機能と同じ全体HDDのバックアップを作成できます。ほとんどのユーザーはそれを気づけません。それを開くために、「バックアップ」または「ファイル履歴」を検索して、「ファイル履歴」を選択します。「ファイル履歴」機能のスクリーンで左下にある「Windows 7のファイルの回復」ボタンをクリックします。

ファイル履歴

そして、Windows 7バックアップと復元のようなスクリーンに移動します。Window 7と同じ「バックアップの設定」をクリックしてバックアップを作成できます。

Win7のファイルの回復

また、WBadminコマンドを使用して、全体HDDをバックアップできます。どのようなWindowsバージョンを使用しても、WindowsバックアップはNTFSパーティションだけに適用します。FAT32でフォーマットされたパーティションがある場合、サードパーティ製の無料バックアップソフトウェアを使用する必要があります。

フォーマットの前に無料バックアップソフトウェアでコンピューターをバックアップします

バックアップと回復ソフトウェアとして、AOMEI Backupperはシステム、ディスク、パーティションとファイルを任意の場所にバックアップできるので、事故が発生する時コンピューターを元の状態に復元できます。それはCDまたはUSBディスクでブータブルメディアを作成できます。そのため、システムがクラッシュしてもブータブルメディアからPCを起動して、HDDをバックアップできます。

HDDをフォーマットする前のバックアップ:

1. AOMEI Backupperをダウンロードして実行します。

2. ホームスクリーンで、「バックアップ」をクリックして、1つのバックアップオプションを選択します。ここでは「ディスクバックアップ」です。

ディスクバックアップ

3. 次のクリーンで、「1」をクリックしてバックアップの必要があるHDDを選択します。

ステップ1

4. 「2」をクリックして、バックアップファイルを保存したい宛先場所を選択します。外付けHDDへバックアップしたいなら、それをよく接続すること、Windowsファイルエクスプローラーによって検出できることを確認してください。

ステップ2

5. 「開始」をクリックして、バックアップを開始します。

開始

バックアップが完了した後、自身だけでなく他のHDDにそれを復元できます。それにバックアップからファイルを選択的に復元できます。データを保護するために、フォーマットの前にHDDをバックアップする代わりにAOMEI Backupperを使用して他のHDDまたはSSDへHDDをクローンすることもできます。