フリーソフトでOneDriveクラウドドライブにファイルを自動的にバックアップします

なぜOneDriveへファイルをバックアップしますか

コンピューターからクラウドストレージにファイルをバックアップするのはデータを保護したり、ローカルストレージを節約したりできる最高の方法の一つです。MicrosoftのOneDriveはそのユーザーのために、15GBの無料クラウドストレージを提供します。現在、Office 365を購読したユーザーは無限のクラウドストレージを取得できます。OneDriveは新しい技術に従って、MacとWindowsコンピューターのためにデスクトップアプリケーションを開発します。それは以前より簡単なオフラインファイル操作を作成します。Windows 7でOneDriveにファイルをバックアップするために、OneDriveウェブサイトからデスクトップアプリをダウンロードできます。Windows 8.1とWindows 10でOneDriveは予めインストールされたのでそれへファイルをバックアップするために、一つをダウンロードする必要がありません。

OneDriveデスクトップアプリは一つのOneDriveフォルダを作成します。お使いのHDDにネットワークがなくても、このフォルダにコンピューターのファイルをドラッグし、またはバックアップできます。PCにOneDriveデスクトップアプリをインストールした後、Microsoftアカウントでログインする必要があります。ログインすると、それはクラウドからローカルOneDriveのフォルダにファイルを同期するかどうかを問います。単一のファイルなら、それをOneDriveフォルダにドロップし、置くことができます。しかし、大量のファイルと長期計画である場合、専門バックアップツールを使用したほうがいいです。また、毎日新しいファイルは作成されるので、OneDriveクラウドにそれらをスケジュールバックアップしたほうがいいです。でも、Windows 7/8/8.1/10でどのようにOneDriveへファイルをバックアップしますか。実はそれはとても簡単です。

ログイン

OneDriveにPCファイルをバックアップするのに何を使うべきですか

OneDriveに大きなファイルをバックアップするために、信頼性が高くて、強力なバックアップソフトウェアが必要です。このバックアップソフトウェアはOneDriveにファイルを自動的にバックアップでき、最初の設定の後ユーザーインタラクションがないはずです。無料ならもっと完璧です。AOMEI Backupper Standardは専門バックアップツールであり、Windows 7、Windows 8とWindows 10のような人気があるWindowsのOSのために無料です。それはデフォルトで増分ファイルバックアップを実行して、ストレージスペースを節約します。デイリー、ウイークリー、マンスリーモードのバックアップファイルをスケジュールできます。そのユーザーフレンドリーなインターフェイスとともに、コンピュータの初心者でも、プロセスを簡単に管理できます。このソフトウェアをダウンロードして、試してみます。

AOMEI BackupperでOneDriveにファイルをバックアップする方法

ステップ1.AOMEI Backupperをインストールして、起動します。そして、「バックアップ」→「ファイルバックアップ」をクリックします。

ファイルバックアップ

ステップ2.「ファイルを追加」、または「フォルダを追加」をクリックして、OneDriveにバックアップしたいファイルを追加します。

ファイルを追加

ステップ3.「2」をクリックして、OneDriveのフォルダを宛先パスとして選択します。定期的にファイルをバックアップしたいなら、「スケジュール」ボックスをチェックして、設定できます。

宛先パス選択

ステップ4.「開始」をクリックします。

開始

ヒント:「オプション」をクリックして、バックアップイメージの暗号化のためにパスワードを作成したり、イメージを圧縮したりできます。

暗号化のパスワード

AOMEI Backupper Standardを使用して、OneDriveにファイルをバックアップするのはとても簡単です。実は、このバックアップソフトウェアはそれだけではありません。例えば、余分な保護のために、NASにPCをバックアップし、PCにNASをバックアップできます。Windows OSは起動できない場合、USBドライブまたはブータブルディスクを作成して、HDDをバックアップすることもできます。